Gourmet

いつものマンネリ鍋が超美味しくなる5つのテク

 デートも鍋も、マンネリは危険です。

 鍋の季節がやってまいりました。鍋といえば、旬の食材がたっぷり入ったごちそう料理。ところが、市販の鍋つゆに頼り切って、いつも同じ食材ばかり用意していませんか? 冷蔵庫の整理も良いですが、時にはサプライズも重要。何かひとつ新しい食材を入れるだけで、新鮮な美味しさになることもあるんです。

鍋,レシピ そこで今回は、いつもの鍋をぐっと美味しくする「マル秘アイテム」をご紹介。一人鍋から大勢鍋まで大活躍の「5食材」を選りすぐりました。

⇒【画像】「5食材」の写真はこちら
http://joshi-spa.jp/?attachment_id=42624


◆花椒(かしょう/ホアジャオ)

 本格的な麻婆豆腐に必ずや入っている「しびれる辛さ」が特徴の香辛料。日本の「山椒」と同じ仲間ですが、華やかな香りが際立ちます。漢方で使われるほどの薬効を持ち、精神安定効果、脂肪燃焼効果などが期待できます。スーパーでは300円~500円程度で購入可能。鍋のスープにそのまま入れるだけで玄人鍋に大変身。辛さに奥行きを与えたい時、魚や肉の生臭さを消したい時に、大さじ半分入れてみましょう。

花椒,鍋,レシピ【オススメの鍋】
豚キムチ鍋、鱈鍋などの白身魚の鍋、塩麹鍋、トマト鍋、すき焼き、味噌煮込み鍋

◆レンコン&トロロ

 美容、健康食材としても名高いおふたり。どちらも「すりおろし」を使います。レンコンはひき肉に混ぜると、ねっとりもっちりした食感に。使う肉の量をセーブでき、食べ応えのあるヘルシー団子に大変身。さらに根菜ならではの甘みとコクが加わります。レンコン以外につなぎは一切不要。病み付きになる美味しさです。

 トロロは、しっかり醤油味の鍋をまろやかにしたい時、鍋のシメに炭水化物をセーブしたいダイエット中にオススメ。スープのダシと合わさったトロウマホワホワ感を楽しみましょう。長芋、大和芋、自然薯など、芋の種類によっても味わいが変わります。

レンコン&トロロ【オススメの鍋】
レンコン:鶏団子鍋、ワンタン鍋、餃子鍋、エスニックえび団子鍋
トロロ:すき焼き、きりたんぽ鍋、いわしつみれ鍋

◆いつもと違うキノコ類

 えのき、しめじ、エリンギ、しいたけ、まいたけ。いつも同じキノコばかり使っていませんか?キノコの種類をちょっと変えるだけで、鍋の楽しみ、そしてグレード感が大幅にアップします。最近では、「ダシが美味しいキノコ」、「香りが自慢のキノコ」、「食感を楽しむキノコ」など、様々なキノコが出回っていますから、自分好みのキノコを探してみるのも良いでしょう。マッシュルームやポルチーニ茸(乾燥のものを水で戻して使う)などの西洋キノコだって、じゃんじゃん入れていいんです!

キノコ,鍋,レシピ【オススメの鍋】
豆乳鍋、鶏のすき焼き、湯豆腐、チーズ鍋、トマトクリーム鍋、牡蠣鍋

◆鴨肉

 鶏鍋に飽きた方にオススメのテクニックがこちら、「鴨を足す」というもの。鶏団子を作る際に、包丁でたたいた鴨肉を混ぜて「鴨鶏だんご」を作りましょう。想像以上の「コク」が生まれます。鴨肉には、旨味成分であるグルタミン酸やイノシン酸がたっぷり含まれていますから、肉から出るスープも格別の味わいに。もちろん、薄くスライスして楽しむのも絶品。鶏肉とミックスして両方楽しむのが、お値段的にも賢明です。

鴨肉,鍋,レシピ【オススメの鍋】
鶏団子鍋、水炊き、鴨すき焼き、湯豆腐、しゃぶしゃぶ、カレー鍋

◆カッペリーニ(極細スパゲティ)

 鍋のシメにいつもと違った個性を。パスタの極細麺「カッペリーニ」は、デュラムセモリナ(パスタに使う小麦粉)のこうばしい香りが、美味しいスープを吸い込み、最強のシメを演出してくれます。作り方は簡単。乾麺をそのまま入れて2分待つだけ。ハリガネ、バリカタなどお好みの固さで楽しむことも自由自在です。洋風鍋だけではなく、和風鍋にも驚くほどマッチしますよ。

カッペリーニ,鍋,レシピ【オススメの鍋】
牡蠣鍋、白子鍋、粕汁鍋、白湯鍋、ブイヤベース鍋、アクアパッツア鍋

 さあ、お鍋を「もっと自由に」、「ちょっと豪華に」楽しみましょう! <TEXT、PHOTO/料理研究家・スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東京大学卒。東京大学大学院医学系研究科にて基礎医学を本格的に学ぶ。さらに久司マクロビオティックやオーガニックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。自身もサラリーマンとして仕事と家事に奮闘しながら、ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana




あなたにおすすめ