Beauty

“誘惑まつ毛”が680円で手に入る!【美容部員の愛用コスメ】

 こんにちは。関西の百貨店で美容部員をしております、白川 凛(しらかわ りん)です。これから、女子SPA!にて、高級ブランドの商品じゃなくても実は十分に事足りる「プチプラコスメ」を紹介していこうと思います。

 今回ご紹介するのは「誘惑しマスカラ」(uruhada*cosmetic)です。

エクステより断然マスカラ派



誘惑しますカラ,マスカラ ある日のこと。

美容部員の後輩「白川のお姉さん、もぉ、これでいいじゃないですか~。これ、最高でしたよ」

白川「せやねん、せやろ。十分やねん、これで。わかってくれた!?」

 先日の売場での雑談です。

「マスカラ何使ってますか?」

 という後輩からの質問に、アドバイスをしてあげて、その後の彼女の感想です。その日はずっと、まつ毛談議に花が咲きました。

 今や、まつ毛に何かしらのメイクをしてない女子はいないんじゃないか、ってくらい、まつ毛もの、増えましたね。一昔前は、“目力”なんて言葉も流行ったほどです。

 昔はそれこそマスカラしかありませんでした。今や、まつ毛エクステや、付けまつ毛、そして、マスカラの進化。長さ、ボリューム、カール、ウォータープルーフ、お湯でオフ、等々、美力への意識が高い“素敵女子達”(死語?)のご要望に答えるべく、様々な種類のものが世に出ています。

後輩「お姉さん、マスカラ何使ってますか~? てゆーか、変わらずのマスカラ派ですよね」

白川「うん。なんやかんや結局マスカラやね~。 エクステも興味あるねんけどさ、オイルクレンジング使ったらアカン、とか規制あるやん。やし、目元はゴシゴシしないでください、とか。私、規制嫌いやねん……」

後輩「あー、わかります~。好きなクレンジング使いたいですもんね~」

白川「せやねん、今回はミルクタイプのクレンジング買ってみましたけど、来月はオイルかもしれませんよ、私、って事やんか~。 ほんでなー、目元もスッキリ洗いたいからさー、そないに、まつ毛中心には生きられへんわ! というわけで、エクステはしてないねんな~」

後輩「ツケマ(付けまつ毛)は?」

白川「私、それやったら、おネエになるねん。昔で言う、ニューハーフ!?」

後輩「古いですね~。てゆーか、それ、私もです~」

 というわけで、私と後輩は断然マスカラ派なんです。長々と関西弁の雑談を繰り広げましたが、ここからが本題です。

マスカラ派が望むポイントをすべてクリア



 今からご紹介する、私がもはや、何十本目かわからないくらい、リピートし、愛して止まない、このマスカラ! 値段は680円なんです!

 お値段はショップによってピンキリですが、私はネットで680円で購入しておりますです。

 まず、マスカラ派として外せないポイントがいくつかございます!

・にじまない
・水に強い
・ボリュームが出る
・ロング(長さ)
・カール(カールキープ)
・まつ毛に優しい
・お湯でオフ

 この、私が望む、全てを網羅しているのが、この『誘惑しマスカラ』。

「恋の最終兵器誕生」とか、「まるで、塗るまつげエクステ?!」なんてキャッチコピーも。

 あ、マスカラで、特に、ボリューム系のマスカラによくある、「ダマ」。ボリュームを出すためにはある程度、まつ毛にマスカラがぼってり絡まってないといけません。それが、固まりすぎるとダマになる。このダマが、人によって、許せる範囲が異なってきますよね。

 私は結構ね、ダマには寛大なんですよ。てゆーか、元々まつ毛が少ないから、ダマくらいになってくれて丁度いいんです♪

 で、この、誘惑しマスカラ。ダマにならないって謳い文句が付いてますが、付け方にもよります。若干のダマはありますよ。私は激しく付けるから、いや、激しく付けて人並みだから、かもしれませんが、ある程度ダマはありです。

キャッチコピーは「恋の最終兵器」



 あと、香り。この商品のネーミングここにあり、なんでしょうか、「バニラ」です。瞬きする度に誘惑しちゃいマスカラ。あら、ごめんなさい。女性ばかりの職場で、誘惑しちゃう男性もおりませんが、もはや、誘惑されちゃってるのは、ヘビーユーザーの私です。

 というわけで、まつ毛談義に華が咲いた後輩に、私のプチプラ化粧品ストックから、常時5本程ストックしているこのマスカラを1本、プレゼントしたわけです。

後輩「白川のお姉さん、もぉこれでいいじゃないですか~、最高でした。着き方最高ですし、伸びるし落ちてけーへんし、にじまへんし、お湯で落ちるし~」

白川「もぉさー、これで十分やねん。 百貨店で(私たちが)売ってるマスカラ3000円~4000円するやん、いらんやろ! そんだけ出せば5本買えるやん」

 そのときお客様が来店。

「いらっしゃいませ。おすすめのマスカラでございますか? いつもありがとうございます。それでしたら、こちらが新作のマスカラでして、以前の物よりも数段よくなっております、はい。お値段ですか? 5000円でございます!」

●「誘惑しますカラ」 http://item.rakuten.co.jp/balian/rm-ym-mnn-a9y1/
※お肌に合わない時は、ご使用をお控えくださいね。

【白川 凜】(しらかわ りん)
関西在住の30代、百貨店の現役美容部員。ナチュラルコスメでスキンケアアドバイザーとして15年、従事している。「高い化粧品を使っていると豪語する人ほど、綺麗な人が少ない」と気づき、お金をかけずに綺麗になれることを追求するため、日々、さまざまなスキンケアを自ら試している。情報源はドラッグストアとインターネット。最近は、「プチプライスで実力派揃いのネットが熱い!」




あなたにおすすめ