Gourmet

「たらこスパ」にはマヨネーズを!格段においしくなる裏技3

【キレイになるお家ごはんvol.15】⇒Read in English

人気ナンバーワンのヘルシー和風パスタ『たらこスパゲッティ』



たらこスパゲッティ 日本で最もメジャーな和風パスタと言えば、「たらこのスパゲッティ」。たらこは、スケトウダラの卵を塩などで漬け込んだものですが、これを使ったパスタは、昔から人気が高く、市販のパスタソースの中で最も売れていると言われています。

たらこ メインの材料は、たらこ、しょうゆ、バター、のり、シソ。非常にシンプルなのに、しょっぱい、ボソボソするなど、悩みは少なくありません。

 そこで、おいしく作るための3つのコツをご紹介します。

1.昆布と一緒にパスタをゆでる
昆布出汁でパスタをゆでると、「旨味」がしっかり染みこみ、奥行きのある味わいとなる。

2.パスタのゆで時間を1分長くする
パスタソースが少ない場合、パスタをアルデンテでゆでてしまうと、時間とともにパスタが水分を吸ってしまい、ぼってりした仕上がりに。多少長くゆでることで、パスタがいつまでももちもちプリプリに、全体のテイストもなめらかになる。

3.バターではなく、マヨネーズを使う
「たらこにはバター」と思われがちだが、魚卵の生臭さを消し、ソースにコクを与えてくれるのは、マヨネーズの方が適している。

次のページ 
たらこスパゲッティの作り方

1
2




あなたにおすすめ