Lifestyle

日本でただ1人、“ネコ専門探偵”に聞くオドロキの捕獲テク

みきーるの愛猫捕獲記vol.2>

 いまや空前の猫ブーム。猫関連市場はにぎわい続け、“ネコノミクス”の経済効果は年間2兆円にも上るといいます。

 愛猫との日々はかけがえのないものですが、もし、大事な猫が逃げてしまったら――!?

 前回『愛猫が逃げちゃった!猫探偵とスマホを駆使した「猫探しのポイント5」』で、ふとした隙に猫に逃げられ、困り果てていたとき、私はひとりのエキスパートにたどり着きました。それが、日本で唯一の“猫探偵”塩谷吉孝さん。塩谷さんに、猫探偵のなんたるかを訊いてみた。

日本唯一の“猫探偵”は元自衛隊員



――猫探偵になったきっかけを教えてください。

塩谷さん:もともとは自衛隊にいたんですよ。それからいろいろやって、ある時ペット探偵をしていた知人に誘われて、仕事を手伝ったのがきっかけです。元来、無類の猫好きでしたし、「どうせなら、猫専門の探偵をやりたい」と思って独立しました。

塩谷吉孝さん

猫好きから支持を受ける猫探偵・塩谷吉孝さん

――猫が逃げたとき、電話で無償のアドバイスをされていますね。

塩谷さん:ペット探偵を名乗る者の中には、「お金を払わないと相談に乗らない」という不実な業者も少なくありません。愛猫を思う飼い主の心につけ込んで、お金をかすめ取るんですね。

 私自身、2匹の猫と暮らしているので、猫が戻らないときの不安な気持ちはよくわかります。ですから、私がすぐに行けなくても、飼い主さんができる捜索のアドバイスは、いつでもさせていただきます。

次のページ 
捨て身の捜索が仇となり、不審者扱いされることも

1
2
3
ジャニヲタあるある+(プラス)

ジャニヲタ歴20年超の著者が、長年のヲタ活動を経て体験してきた「コンサートあるある」「テレビあるある」などを描き出します。




あなたにおすすめ