Lifestyle

顔出しはリスキー!ネットで人気が出すぎて退学に

 自分のステキな毎日をブログやSNSで明かして、アイドルばりの自分撮り写真をアップしまくる…そんな女性がネット上に溢れている。人気ブロガーになって本が出版されるような成功パターンもあるが、それは一握り。一方で、プライバシーを明かすリスクは当然ある。炎上ぐらいならまだしも、実生活でダメージを負ってしまうことも……。

ブログで有名になりすぎて学校を強制退学に!

ネット そんなリスクがもろ現実になってしまったのは、人気ブロガーだった森田由香さん(仮名、28歳)。顔出しで私生活をセキララに書いたブログで人気を集め、一時は企業からタイアップの依頼がくるほどにまで有名になった。その恩恵を思う存分に享受していたが、介護の専門学校に入学したことで、悲劇は起こった。 「ブログを始めたのは2007年。彼氏からもらったプレゼントや、日々の生活を綴った、たわいない内容でしたが、もともと読者モデルをしていたこともあって、一日平均15万アクセスを獲得しました。有名になったせいで2chに悪口を書かれてしまったけど、特に大きなトラブルはなかったんです。でも、専門学校で、ブログのことが問題になってしまって……」  森田さんが教師に呼び出されたのは、宿泊研修を控えた前日。 「ブログや掲示板の書き込みを見たら、介護を受ける方のご家族はどう思う?」と問いただされ、研修に参加させてもらえず、書き込みを削除するように要求された。さらに、「介護職としてのモラルとネットリテラシーについて」という謎のリポートまで提出させられるハメに。 「もう、泣きながらブログやTwitterを非公開にしました。命を削る思いでしたよ……! ほかの学生は『授業だるいなう』と写真付きで投稿しているのに、なんで私だけが問題になるのでしょうか。半分プロとして活動していた私のほうが、よっぽど個人情報などの危機管理はしっかりしているのに!」  しかし、ブログ閉鎖後も、彼からもらった高価なプレゼントをネット上で公開していたことなどが槍玉に挙げられ、「介護職として不適切な人格」と学校側は主張。結局、退学処分を受けることになってしまった。現在、彼女は訴訟を検討中。「訴訟が終わったら実名でメディアに出て怒りをぶちまけたい」とカンカンだ。  ただ、やはりいまだに介護職には未練が残っているという。  「学校を変えても同じことが起きるかもと考えると不安だし、不快な思いをするのはコリゴリ。顔出しでブログをやるモチベーションも下がっちゃいました」  結局、出る杭は打たれてしまうのがニッポンなのか……。目立ちすぎないくらいが一番幸せなのかもしれない。 <PHOTO/Forever88> ― 女性の“ネット自我”が大暴走【5】 ―
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ