Lifestyle

「私はオバサン」20代女性に“自称BBA”が増えているワケ4

<みきーるの女子マインド学>

“アラサー”、“アラフォー”など、若くはない年代を表す言葉が一般的になりました。とはいえ、20代後半の人ならわざわざアラサーとは呼ばず、“20代の女性”と呼ぶケースが多いはず。

 ところが最近、ようやく四捨五入して30! くらいの20代女性たちが、自ら「アラサーになりました!」「もうBBAです!」などと、続々オールド宣言するようになったのです。

 若さのさなかにありながら老いにすり寄ってくる、“フライングBBA”とでも呼びたいこの現象は、なぜ起こっているのでしょう?

フライングBBA“フライングBBA”な人たちは、「もう若くないしぃ~」といって「そんなことないよ!」と否定されるのを待つ“打ち消し期待派”ではなく、どうやら本当に「BBAのフィールドっていいな。私も早くあっちに行きたい!」と思っているようなのです。その理由はコレ!

自称BBAになるワケ



●すでに“若さの負け組”だと思っている

 現在、長澤まさみさんらを輩出した“東宝シンデレラオーディション”が出場者を募集していますが、応募資格はなんと“9歳~18歳の女性”! 18歳はともかく、9歳の児童まで女の戦場に出てきては、20代にして早くも劣勢を感じてしまうのかもしれません。鼻息荒く闊歩するJSやJCを見ると、「もう若くねぇな」と弱気にもなりましょう。

次のページ 
深キョン、篠原涼子に憧れて

1
2
あなたにおすすめ