Entertainment

嵐のコンサートでも?チケット落選者向けの“復活戦”があった

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

 4月23日(土)、サンドーム福井を皮切りに嵐のアリーナツアー“ARASHI Japonism Show in ARENA”が始まります。キャパ数万人のスタジアムでもチケットが取れないのに、1万数千人規模のアリーナでは、チケ難民どころかチケゾンビが出そうです。

 そんなチケゾンビが「人間に戻る」希望を託すのが、“制作開放席”というヤツ。これは嵐に限らず人気公演に設けられることが多い、追加席のことを指します。

 建前としては、「セットの変更でスペースが余った」的な理由により、「みなさんが望んでやまない座席を増設しちゃうよ!」ということなのです。

制作開放席は敗者復活のためのエントリー権



 ただしジャニーズの場合、誰もが開放席を買い求められるわけではありません。

 嵐のケースを例に挙げると、まずチケットを申し込んで落選したファンクラブ会員の一部に、「制作開放席販売のお知らせ」が来ます。あくまで落選者の一部に通達が来るもので、全員に案内が来るとは限りません。

 このお知らせが来た人は、いわば「敗者復活のエントリー権」を得た選ばれし者。これが来た時点で、たいていの人は浮かれます。私もそう。

 でも、エントリーしただけで内定をもらった就活生みたいな気分になり、あちこちに喧伝→結果、再び落選……というオチがつくのです。

 前回は申し込みに顔写真の登録が必要だったので、精一杯目を見開いた自撮り写真を送ったあげく敗退し、かなりメンタルをやられました。

 他アーティストの公演や舞台などで、「見切れ席、割引販売します!」といった措置を見るにつけ、うらやましくて涙が出そう。

みきーる
次のページ 
ジャニヲタに密かに愛される、“ケツ見席”とは?

1
2
イラストレーター二平瑞樹の育児マンガ「にひパパの育児絵日記」
●マスコットキャラクター『クマる君』のLINEスタンプ発売中!クマる君 LINE クリエイターズスタンプ
ジャニヲタあるある+(プラス)

ジャニヲタ歴20年超の著者が、長年のヲタ活動を経て体験してきた「コンサートあるある」「テレビあるある」などを描き出します。




あなたにおすすめ