Beauty

怪しい美容クリニックを見破る!「要注意/信用できる」の見分け方

3.信頼できるかどうかは「規模」とは関係ない

――「規模が大きいクリニックのほうが安心できる」「こじんまりしているほうが商売っ気がなくて、信頼できそう」と意見が分かれますが。 「規模は全然関係ないよ。お客さんの数が多くなれば、自然と規模が大きくなるしね。ただ、先生がたったひとりしかいないのに、いくつも科目を担当している場合は、ちょっと注意したほうがいいかもしれない。  一般のドクターの場合であれば、“家庭医”を目指すという選択肢もあるし、それはそれで志があると思うけど。美容医の場合は、どれも中途半端になる可能性が高いんじゃないかな。“二重まぶたの手術だけ、ずっとやってる”みたいな先生のほうが、上手になるよ」 医師

4.CMをバンバン放映しているクリニックは診察料が割高とは限らない

――テレビなどでCMをたくさん放送しているようなクリニックは、広告費が診察料にも反映されていて、割高なんじゃないかという懸念をよく聞きます。 「うちもそれ、よく言われるんだけど、全然違うよ! 1ドル=250円だった時代に決めた金額だからそう感じるかもしれないけど、うちの診察料は40年前から値上げしてないんだもん。変わったのは、消費税分だけ。  僕の弟子たちもだいたい、僕の価格を参考に決めてる。『もっと他は安いですよ』って言われることもあるけど、そいつがダンピングしてるだけ」

5.「老舗」は信頼度が高い

――正直、「金額が安すぎるのも怖い」と思います。 「正解ですよ! 腕が良ければ、薄利多売にする必要なんてないんだもん。お客さんは正直ですからね。評判がいいクリニックは流行るし、事故や何かトラブルがあったクリニックからはサーッと去って行く。価格だけで勝負しようと思っても、すぐ淘汰されます。  長年やれているところは、それだけお客さまから信頼を得ている可能性が高いよね」 「保険診療なら安心」「無料モニターならお得」といった、目先の権威や割引に飛びつくとイタイ目を見やすいのは、美容外科クリニック選びも同じようです。 【高須克弥氏・プロフィール】 1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長(http://www.takasu.co.jp/)で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。『その健康法では「早死に」する!』『最新版 シミ・しわ・たるみを自分で治す本』など著書多数。高須院長Twitterアカウント @yes_jinsei <TEXT/島影真奈美> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
高須克弥
【プロフィール】 1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。近著は『ダーリンは71歳 高須帝国より愛をこめて』、『炎上上等』、続編で最新刊の『大炎上』など
1
2
Cxense Recommend widget
あなたにおすすめ