Job&Money

面接官が明かす「本当は応募者のココを見ています」

 2015年春卒業の学生向けの会社説明会が12月1日に解禁され、大学3年生の就職活動が本格スタートした。世の中に就活マニュアル本は山ほど出ているけれど、本当のところどうなのか? 特に、面接について、採用担当者たちにホンネを聞いてみた。

 学生だけでなく、第二新卒や中途採用に応募する人の参考にもなるはずだ。

面接のテク以前に、お話にならない応募者も



就職,面接 面接というと、会話の内容次第と考えてしまいがち。でも、実はそれ以外の要素も大きく左右することが、面接官への取材で明らかになった。

 まず驚きなのは「面接は絶対に朝がいいです」(30歳・人材サービス)という意見。

「朝のほうが面接官の集中力が高く、朝来る学生は夕方に来る学生よりしっかり見える」と言われると、確かに納得。レアケースだが、企業によっては面接の時間を選べる場合があるので、そのときは必ず午前中を選ぶべし!

 さて、面接でのテクニック以前に、お話にならない応募者が多いのも残念な現実。「B-BOYのカッコで登場し、ラップで自己PRをした学生がいた」(30代・芸能事務所)という方向違いの努力をする人や、そもそも時間通りに場所にたどり着けない人も。

「面接当日に人事に電話をしてきて道を聞いてくる学生がいて、やはり資質を疑いますよね」(30歳・広告)

「なぜ?」を繰り返すのが面接のトレンド



 では、実際の面接で応募者はどんなところを見られているのだろうか。

 まずは「面接の際は、『なぜ?』を3回は繰り返します。そうすることで、本気なのか付け焼き刃なのかわかります」(33歳・メーカー)との意見が。

 有名企業は「商品が好きだから」程度の動機で受けている人が多く、見極めるのが難しい。そこで、なぜ入りたいのかを詳しく聞いていくことで、本当にその企業に入りたい人なのか、それとも、たまたま就活時期が来たから受けているだけの人なのかが判別できるのだとか。

 また、応募者それぞれの経験に関しても「実際に体験していると、話に苦労がきちんと肉付けされています」(30代・ゲーム)。ある成功体験に至るまでの苦労や心の揺れは、体験した本人にしか語れない。肉付けのない主張はウソと見なされることもあるのでご用心!

 もちろん、ウソはなくても

「面接やディスカッションに慣れすぎていると、小手先だけに長けた学生に見えて警戒する」(33歳・外資)

「しっかり準備をしてきて暗記したネタを喋る学生が多いのが不満」(30代・商社)と

 準備しすぎたように見える“就活マニュアル学生”に面接官はマイナスイメージを持つ。

 ある程度の準備をして、あとはゆったり構えているぐらいがちょうどよさそうだ。

【面接官からのひとこと】

「学生は、専門的な能力は入社後でいい。そのとき空いているポストによっても欲しい人材は変わります」。(メーカー勤務・33歳)

「多様な背景を持った学生が欲しいですから、ボストンキャリアフォーラムで採用活動をします。就職意識の高い大学1、2、3年生や大学院1年生、就業経験がある第2新卒も参加します」(外資系コンサルティング会社勤務・33歳)

「目を見て話をされると、しっかりした印象を持つと言いますが、私は凝視されるとちょっと……」(人材サービス勤務・30歳)

「好きなゲームを聞くのは、好奇心やアンテナを張っているか、説明能力があるかを見るためです。知識のひけらかしはNG」(ゲームメーカー勤務・30代)

※後編『面接官が明かす「いい自己PR、スベる自己PR」』に続く

<PHOTO/Convisum>

― 就活本ではわからない面接官のホンネ【1】 ―




あなたにおすすめ