Love

デート中に意外と見られてる!お嫁さん候補になるための食事マナー

 食という漢字は「人」に「良」という組み合わせでできていることから、食事を通して人と人との仲を深めることができると言われています。男性とのお付き合いにおいて避けて通ることのできない「お食事デート」。「ラブリサーチ」が会員女性に行ったアンケート『デート中の「お食事マナー」。気を付けていることはありますか?』では、62.7%の女性が「はい」と回答しました。  マナーひとつで悪印象を与えることも、結婚を意識させることもできるお食事デート! 食事をする男女 そこで今回は、彼との関係を深め、お嫁さん候補になるためのお食事マナーをアンケート結果とともにご紹介いたします。 =============== Q.デート中の「お食事マナー」。気を付けていることはありますか? ・はい(54名) ・いいえ(32名) 回答時期:2016.05.12~2016.05.19 総回答数:86名 ===============

いいママになりそう! 見極めポイントは『お箸の持ち方』

・「お箸をちゃんと持つ」 ・「箸やナイフなどの使い方」 ・「お箸の使い方とかは気をつけています」  コメントにも多くあったように、食事中のマナーとして特に意識したいのが「お箸の持ち方」です。お箸の持ち方は母親から教わることが多く、ここで各家庭のしつけに対する考えや価値観が垣間見えるといっても過言ではありません。 「子供は親の背中を見て育つ」という言葉のとおり、お箸を正しく扱える女性であれば、母親から教わったように、自分の子供にもお箸の持ち方をはじめとしたマナーを教えることができますよね。  共働きの家庭が増えているとはいえ、子育ての大半を担うのは女性です。お箸の持ち方ひとつで、男性から「自分が働きに出ている間、家庭をしっかりと守ってくれそう」「いい母親になりそうだ」と感じてもらえるため、最低限のマナーとして今一度、自身のお箸の持ち方を見直してみると良いでしょう。

家計を任せても大丈夫? 見極めポイントは『料理を残さない』

・「汚くないように注意しながら美味しい美味しいと食べています」 ・「綺麗に食べること。残さず食べること」 ・「残さないようにする」  料理を残さないのもお食事デートにおけるマナーのひとつ。彼との食事で「好きなものを頼んで良いよ」と言われたとき、食べきれないほどの料理を注文していませんか?  パスタや丼ものなど、ひとり1オーダーの料理であれば問題ないかと思いますが、居酒屋などいくつもの料理を注文する場合、「足りないよりはいい」「彼がいっぱい食べるだろうから」と多めに注文してしまう女性は多いもの。  すべての料理をキレイに食べるのであれば男性も嬉しく感じるでしょうが、食べ切れなかった場合、「料理を無駄にする女性」というレッテルを貼られてしまう可能性も。多くの男性は「好きになった女性は俺が養っていきたい」という気持ちと、「自分の稼ぎで彼女を養っていくことができるのだろうか?」という気持ちとの狭間で常に格闘しています。  そのため、男性がご馳走するつもりでいた料理を残してしまうと、家計を任せても大丈夫だろうか、養っていけるだろうかという不安が強くなってしまうのです。  彼から注文を任されたら、自分が確実に食べられる分だけ頼み、足りなくなったときに追加するようにしましょう。

『小さな心配り』で食事をより心地良い時間に!

・「店員さんに丁寧に接する」 ・「キレイに食べられるものを選ぶ。大きな口を開けないと食べられないもの、崩れやすいものは注文しない」 ・「お食事中、スマホはかばんの中にしまって、出さないようにしています」  上記のアンケートコメントのように、しなくても気にならないけれど、やることで女性らしさが際立つマナーもあります。例えば箸袋。そのまま避けて置いておく方も多いかと思いますが、美しくたたんで箸置きにすると、育ちの良さを感じますよね。  口元の汚れや指先の汚れを拭くナフキンも、口元を拭いたときに口紅が付いてしまっては清潔感に欠けてしまいます。口紅はティッシュでオフし、色のついていないグロスやリップクリームをつけると良いでしょう。  以上、お食事マナーをいくつか紹介しましたが、複数のコメントがあるように、「食事の時間を楽むこと」もマナーのひとつ。気負わず、彼との大切なひと時を過ごすことが、お嫁さん候補になる一番の近道かもしれません! みなさんも、食事マナーを通して彼との仲を深めてくださいね。
<コンテンツ提供/ラブリサーチ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【ラブリサーチ】 女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。 ★何度もデートしているのに、その後の進展がないときの打開策! ★雨の日は、傘の下で愛を深めよう! 相合傘での胸キュン仕草と台詞 ★6月から始める! 1年後に「ジューンブライド」を叶えるためのステップ
ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ