Entertainment

菊池風磨は恋を知らない…『時をかける少女』でグっとくる場面3

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

 夏休み――。大人になった今、その言葉を聞いても胸に浮かぶのは「有休何日取れるかな?」とか、意外とせちがらいことがらです。“イマドキすぎる夏休み”はなんか疲れるし、逆にツライ。

 でもここに、菊池風磨さん(Sexy Zone)が、最高に居心地いい夏を引っさげてきてくれました! それは、『時をかける少女』! もとい、“ふーちゃんの夏休み”!!(※)

菊池風磨は未来人役



『時をかける少女』(日テレ系)は、タイムリープする能力を身につけた少女・芳山未羽(黒島結菜さん)と、幼なじみの浅倉吾朗(竹内涼真さん)・深町翔平(風磨さん)の淡い恋を描いた青春ドラマです。

 風磨さんは、未来からやってきて翔平になりすまし、“過去”に滞在する未来人“ケン・ソゴル”を演じています。ケンが生きる未来には“恋”がなく、遺伝子を分析して各人に最適な配偶者があてがわれるのだとか。当然、ケンも恋を知りません。

菊池風磨 私たちはケンのまなざしを借りて、知識でしか知らない恋や、(ケンにとって)過去の日本を共に味わうことになります。

次のページ 
菊池風磨の“3つの顔”を堪能できる

1
2

イラストレーター二平瑞樹の育児マンガ「にひパパの育児絵日記」
●マスコットキャラクター『クマる君』のLINEスタンプ発売中!クマる君 LINE クリエイターズスタンプ
ジャニヲタあるある+(プラス)

ジャニヲタ歴20年超の著者が、長年のヲタ活動を経て体験してきた「コンサートあるある」「テレビあるある」などを描き出します。

あなたにおすすめ