Entertainment

4位石原さとみの“古風すぎる”名前とは?「本名が意外すぎる芸能人10」

 先日、能年玲奈が「のん」という芸名に改め、世間がおおいに湧きました。『週刊文春』(2016年7月21日発売)によると、所属していた前芸能事務所が本名にも関わらずその使用を警告してきたとか。「能年ちゃん」の愛称で親しまれていただけに、違和感を覚えている人も多いはず。

 一方、もちろん本名と芸名が異なる芸能人も多いわけですが、その場合は有名人であればあるほど本名とのギャップがすごかったりして。というわけで、女子SPA!では30代女性300名を対象にこんな調査をしてみました。

本名意外 本名が意外だなと思う芸能人を、女子SPA!編集部が独断でピックアップ。果たして結果はいかに?

本名がイメージと違ってビックリする芸能人ランキング



※30代女性300人に聞きました(複数回答)。
※カッコ内は本名(公表はしていないが、本名として広く認知されている名前には★をつけている)。

==========

10位 石田純一(石田太郎) 19.3%
9位 市川海老蔵(堀越寶世) 21.0%
8位 壇蜜(齋藤支靜加) 21.3%
7位 堀北真希(★原麻里奈) 25.7%
6位 黒木メイサ(★島袋さつき) 33.3%
5位 綾瀬はるか(★蓼丸綾) 34.0%
4位 石原さとみ(★石神国子) 35.3%

===========

 10位石田純一といえば元祖トレンディ俳優ですが、失礼ながら「太郎」は全然トレンディじゃないですねぇ。4位石原さとみも今風のキュートな顔立ちに対し、本名はひと世代前の女優のようなお堅い名前。

VOCE

『VOCE』(2016年6月号)

 8位壇蜜と7位堀北真希は、本名も充分かわいくないですか?

次のページ 
1~3位はこちら

1
2




あなたにおすすめ