Job&Money

鬼の家計管理術「夫にすべて領収書を提出させる」

 明治安田生命保険の調査によると、夫の小遣いの平均は月3万5347円(20~50代男性524人に調査、2013年11月20日発表)。よそのお宅では夫の小遣いをどうしてる? 夫側の声を取材してみました。

領収書をなくしたら返金!小遣いはまるで経費?



<30歳 月収約26万円>

 日本では、妻が財布のヒモを握っていて、夫の小遣いも妻が管理している、という家庭が少なくない。

 30歳にして2人の子供を持つ鯨井裕也さん(仮名)の家庭もそう。看護師の奥さんが産休中のため、家計は都内のイベント会社で働く鯨井さん頼り。小遣いも最低限しかもらえていないという。

「娯楽費はまったくない状態で、仕事に必要な金額をその都度、妻からもらっています。でも、領収書を必ず提出しないといけないのでまるで経費精算と同じ(笑)。だから小遣いという感覚がなくて」

 金額的には食費、交通費などで一日1500円ほど。でも、“本当に必要な分”しかもらえないので、外でのランチはまず無理。昼食は安めのコンビニ弁当を買ってすませることがほとんどだという。

「もらった分と使った分のつじつまが合わないとすごく怒られます(苦笑)。最近では周りも僕の状況を理解してくれていて、後輩にジュースを奢ろうとしてもかえって遠慮される始末です」

 実は、鯨井さんが厳しく奥さんに管理されているのも、もともと彼に浪費癖があったから。

「昔、『何にそんなに使ってるのよ?』と妻に疑われたことがあったんです。でもそれは遊んでいたからではなく、忙しいとすぐにタクシーに乗っていたから。昔からこういう小さいところで無駄遣いする癖があったので、管理してもらったほうが僕もラクなんです」

 とはいえ、さすがにこの金額ではツラいのでは?

「家族のことを思えば仕方ない。妻が復職しても、子供の養育費は増える一方なので、この状態に慣れておかないと」

 領収書をなくしたり、もらい忘れたりするとその分を“返金”しないといけない。「小遣いというより経費を使っている感覚」と言うのもうなずける。

 ダンナに浪費ぐせがあるなら、この経費精算方式、試してみる?


<鯨井さんの“実質”小遣い収支表>

“実質”小遣い額4万5000円
食費(弁当、飲み物代)1万5000円
交通費2万円
タバコ代5000円
その他5000円

― よその家庭は?夫の小遣い事情【7】 ―




あなたにおすすめ