Job&Money

夫の小遣い5万は多すぎ?夫婦のガチ対決を実況中継

 小遣いを上げたい夫と下げたい妻。いつの時代もこの構図は変わらない。明治安田生命保険の調査によると、夫の小遣いの平均は月3万5347円(20~50代男性524人に調査、2013年11月20日発表)。

 そこで、ある夫婦の、小遣いをめぐるバトルを実況中継してみよう。

夫婦がガチで直接対決!! 小遣い決定大バトル



 すでに月5万円の小遣いがありながら「一家の主なんだからもっとくれ!」と主張するのは介護士の平井雅夫さん(仮名・33歳)。対するは専業主婦の妻・陽子さん(仮名・32歳)。「5万円では高すぎる!」と小遣い値下げを譲らない。

 そんな2人のガチバトルがスタート! 軍配はどちらに!?

(写真はイメージです)

:今、月収20万円から小遣いで5万円渡してるよね。でも、収入の4分の1が小遣いって多くない? 来年は子供も小学校だから貯金もしたいし、よその旦那は月2万円くらいなんだから、あなたもそれで足りるんじゃないの?

:無駄遣いしてるわけじゃないよ! 飯代に月1万円、タバコ代に1万円。残りは職場の飲みとパチンコに数回行くくらいだし。タバコも値上がりしたし、もっともらってもいいくらいだと思う!

:前から思ってたけど、あなたって気前が良すぎるよね。会社の飲みとかでも、絶対ちょっと多めに払っちゃうし。それをなくせば月1万円は減らせるんじゃないの。

:あのな、男は後輩や女性と飲んだら、ちょっと多めに払うもんなの! 本当、お前はケチだよな。

:お付き合いってやつ? でも、私には小遣いなんてないよ。せいぜい年に2回、セールで3万円分洋服を買うぐらい。あなたは月5万円も使うのに不公平じゃない。

:お前だって、ちょこちょこ買い物してるじゃん! 6万円のピアノや2万円のデジカメ買ったり……。合計は俺より使ってるよ。

:ピアノは子供の教育のためだし、デジカメは家族の思い出を残すためでしょ! 無駄遣いじゃないと思うけど!? それに比べて、あなたはパチンコ1回に1万円は使うけど、パチンコをやめれば月2万~3万円は浮くわよね?

:パチンコは10代から続けてきた唯一の趣味なの! やめたら相当ストレスたまるからムリ!

:わかった。やめないでいいわ。でも月に3~4回は多くない?

:でも、今より貧乏で俺の小遣いが1万円だったとき、お互いぎくしゃくして大変だったろ? それって、俺がパチンコに行けなくてストレスが溜まったせいだと思うんだよね。あれはもう嫌だな。

:確かにあのときはギスギスしてツラかったわ。う~ん。じゃあ、パチンコの回数を1回減らすってことで、1万円減の4万円でどう? それ以上行くときは、勝ったときのお金でやるってことで。

:……わかりました。

バトルの結果1万円減の4万円で決着!

 計算機を手にした妻・陽子さんから、次々と指摘される小遣い削減案に顔面蒼白状態の雅夫さん。一方で、勝った陽子さんは、小遣いとして渡した5万円から1万円を回収して微笑む。雅夫さんは「こうなったら絶対にパチンコで勝ちまくってやる……」とうなだれていた。

 オリックス銀行が2013年7月に、全国の20~60代の男女3300人に調査したところ、小遣い制の1021人のうち2013年に入って「小遣いが増えた」のはわずか6.8%。「変わらない」(76.1%)、「減った」(17.0%)のほうが遥かに多く、アベノミクスは小遣いまで底上げしていない、という結果だった。

 また、財布のヒモを配偶者(妻・夫)に握られている534人のうち、「増額交渉」をしたのはわずか5.1%(27人)で、そのうち増えたのはたった8人。株価はガンガン上がっているのに、フトコロが暖かくなるのはいつの日になることやら……。

<TEXT/小山田裕哉 黒田知道 柴崎卓郎 西山武志 藤村はるな 頓所直人 山脇麻生 渡辺トモヒロ>

― よその家庭は?夫の小遣い事情【11】 ―




あなたにおすすめ