Beauty

「笑うとブス」は一生の損!笑顔美人の歯並びを手に入れる話題の方法とは?

 たとえ美人でなくっても、笑顔でいることが愛される秘訣――。恋愛でも仕事でも「笑顔が武器」だってことは、女たるもの身にしみてますよね。

 とはいえ、笑っている自分の写真を見ると、「ゲゲッ、口元に品がない…歯並びが悪い…」なんてガックリくることも。

 実際、笑顔と歯並びは、第一印象にものすごく影響を与えるんです。

 婚活男女2000人に行ったアンケートでは、「笑顔が第一印象に影響する?」という質問に、91.9%が「影響する」と回答。「歯並びが第一印象に影響する?」という質問には、78.3%が「影響する」と答えています(※)。

目立ちにくい「マウスピース矯正」って知ってる?



 歯並びに自信がなくても、大人になってから「歯列矯正しよう」とは、なかなか思わないですよね。ところが、歯列矯正している人の約30%は、20代以上になってからの「オトナ矯正」なんです(厚生労働省:平成20年患者調査)。

 しかも今、仕事をしている大人にぴったりの「目立ちにくいマウスピース矯正」なる新技術があるそう。



 実は、わが女子SPA!の執筆陣にも、オトナ矯正をしたSさん(37歳・女性)がいます。彼女に話を聞いてみましょう(以下、Sさんの語り)。
================

そばで話していても、ほとんど気づかなかった



 私は歯並びがずっと気になっていました。口を閉じて笑顔をつくると一本だけ飛び出して見えてしまう犬歯に、デコボコ並びの前歯。かみ合わせが悪いせいか、顔も歪んできているような……。

 でも、歯列矯正は「子供の頃にやるもの」という思い込みと、あの目立ちすぎるワイヤーがネックで、なかなか踏み出せずにいました。

 ある日、笑顔が印象的な先輩と久しぶりに食事にいくことに。すると、先輩が「ちょっとごめんね」と言って、口から何かを取り出したのです! それは、薄いマウスピースでした。ずっとはめたまま話していたなんて、気が付かなかった……。

「実は歯列矯正を始めたんだ。人前に出る仕事だし、目立つ矯正器具はちょっとと思って我慢してたんだけど、『マウスピース矯正』っていうのがあるって知って。これならほとんど目立たないし、大切な仕事のときには外せるから大丈夫!」

 な、なんとそんな素敵な方法があったとは…! 聞けば聞くほど歯列矯正をやりたくなった私は、さっそく歯医者さんに行ってみました。

透明に近いマウスピースを自分でつけるだけ

 そしていま、歯列矯正スタートから約3か月で治療を継続中。結論から言うと「やってよかった!」です。

 はじめの1ヵ月は歯が動いてる気がしなくて不安でしたが、2ヵ月くらいから変化を感じるようになってきて…。

 口を閉じて笑顔を作った時に、気になっていた歯の飛び出しがなくなることを想像して、「見て見て!」って感じで歯を見せて笑うのが楽しみになってきました。

(※治療過程には個人差があり、上記は個人の感想です)
=================

 マウスピースは一人ひとりの歯に合わせて作るのですが、厚さ1ミリ以下で透明に近く、ほんとに目立たないそう。

 治療期間は人それぞれですが、平均は1~2年で、従来の方法と同じぐらいです。

 詳しく知りたい人は、ただいまWebサイト「歯並びスマイル」で、コミック『働きマン』(安野モヨコ著)の松方弘子がマウスピース矯正の真相に迫るスペシャルコンテンツを公開中。いろんな角度から、マウスピース矯正を知ることができます!

歯列矯正で、なぜかアゴのラインがすっきりしてきた



 最後に…Sさんは歯列矯正で思わぬ嬉しいことがあったと言います。

「意外だったのが、2ヵ月目くらいから友達に『あれ、雰囲気変わった?』って言われることが増えたんです。

 それに最近、頭が軽いし、肩も軽いような。歯を整えることで顔や首にかかっていた余計な負担がなくなったから?」(Sさん)

 これも個人差はありますが、かみ合わせが整うことでアゴのラインがすっきりしたり、体のさまざまな不調が改善する人は少なくないそうです。

「大人の歯列矯正、不便がないとはもちろん言えませんが、やってよかったです。来年にはコンプレックスが解消されて思いっきり笑える自分がいると思うと、ワクワクします」とSさん。

 マウスピース矯正できる医院は全国にあって、下から検索できます。笑顔のステキな女性になるために、まずは医院に相談してみてはいかがでしょうか?

※アライン・テクノロジー・ジャパン調べ
「5年以内に結婚を希望する20~40歳代の男女2000名」を対象に、インターネット調査(2014年10月)

<TEXT/女子SPA!編集部 提供/歯並びスマイル>




あなたにおすすめ