Entertainment

山崎賢人の“花男・道明寺シーン”は国宝級!夏ドラマの助演男優賞【後編】

夏ドラマを勝手に表彰 助演男優賞 後編】

 2016年の夏ドラマ大賞を総評中の芸能ライターのスナイパー小林です。

 前回の助演男優賞 前編に続いて、後編も二人を表彰。ひとりは放送終了後に毎回、イケメン&どSっぷりがSNSで話題に上がった若手俳優くん。そしてもうひとりは、実力派だからこその三枚目役が印象的だったベテランさまだ。

花男・道明寺とシンクロした“俺様”演技



助演男優賞:山崎賢人(好きな人がいること/フジテレビ)

好きな人がいること

「好きな人がいること」公式サイトより http://www.fujitv.co.jp/sukinahitogairukoto/

 パティシエの櫻井美咲(桐谷美玲)に恋する、兄弟で経営するレストラン「Sea Sons」のシェフ・柴崎夏向(かなた)を演じた山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)。腕は確かでも不愛想、俺様を絵に描いたような性格だ。無骨ながらも美咲を支え、ラストでは結ばれたふたり。月9夏ドラマの恒例ともいえる、海・飲食店を舞台にした夏の恋がキラキラと輝いていた……。

 爽やかで、王道のラブストーリーはF1層(20~34歳女性)だけではなく、確実にその下の年代の心も掴んでいた。放送直後はイケメン俳優軍の出演効果も相まって、SNSは大騒ぎ。最終回の9月19日時点でTwitter、Instagram、LINEで計167万人以上のフォロワーがいたというのだから、確実に平均視聴率8.91%には反映されない人気があったのだ。

 そして今回、私が僭越ながら選ばせてもらった山崎さん。とんでもないいい男ぶりは周知の事実だけど、なにが良いといえば、プライベートでは女子大好き! な役とのギャップ。でもって、バラエティ番組では口下手で、完全なるいじられキャラ。嵐のメンバーから「ザキヤマ!」と呼ばれて嬉しそうに返事をする一幕もあるなど、Mっ気があるのがまたいい。

 なのに、今回のスキコトの演技では帝王感満載のどSキャラ。美咲の頬をむにゅっと掴んでキス。好きな人に振られて落ち込む美咲に「オレがいんだろ、オレがそばにいてやるよ」と自分が相手に片思いしているにもかかわらず、上から目線の攻撃! もともとは映画『L・DK』『オオカミ少女と黒王子』でもドSキャラで、全国の女子を震わせてきた山崎さん。今回もその手腕をフル発揮していた。素と演技のギャップ幅、たまんねえな。

 第6話では約束に遅れてくる美咲を雨の中待ち続け、ついには発熱。美咲に看病されて回復する……というシーンがあった。これがあの伝説の帝王キャラ・道明寺を生み出した『花より男子(2005年10月放送/TBS)』の牧野つくしとの初デートシーンに酷似していると、騒ぎになったことも。

 これはドラマファン(いやドMとも言う)から言わせてもらえれば、あのシーンはもう国宝級入りに近いもので、女性は放送されることを待ち望んでいたのだ。夏向によって今夏、復活を遂げたことはむしろありがたい話。数年に一度は見たくなるので、できれば各ドラマでこの演出をお願いしたい。

 と、いろいろ理由はあれど山崎さん、受賞、おめでとうございます! なんだか完全に趣味の域の話になってしまったけど、そこはまぁご愛嬌ということで。

次のページ 
あのトオルがコメディに転身か

1
2




あなたにおすすめ