Love

彼の浮気を許したら突然フラれた!その勝手な男心とは

 今年こそ恋愛がうまく行きますように……そう初詣でお願いするのも今年で最後にしたいもの。私のどこがいけないの!? というわけで、性格も外見もまぁ普通、なのに「なぜか男に逃げられる女」の条件を、ケーススタディをもとに研究してみました。

【実例研究】彼の元カノが涙で「エッチしちゃいました」



「忘れもしない、2年前のX’masの朝。最悪の電話で目が覚めたんです」と話すのは、PR会社に勤めるワカナさん(仮名、27歳)。

「私には当時、同じ職場にYという彼氏がいました。前日のイブは彼が仕事と聞いて、私はまっすぐ家に帰って早々に寝たんです。すると、翌朝の7時に、見知らぬ番号からものすごい数の着信が。留守電も入っていたので恐る恐る聞いてみたら、しゃくりあげる女性の声で『私、Y君の元カノです……。私、昨日Y君とエッチしちゃいました。ごめんなさい、ヒックヒック』って」

 そうこうしている間も鳴り続けるワカナさんの電話。意を決して出てみると、元彼女を名乗る女性は、涙ながらにこうあやまりました。

「Y君を忘れられず、昨日自分から誘って、会ってしまった。コトを終え、彼が眠っているすきに携帯を盗み見て、思わずワカナさんに電話してしまった。本当に申し訳ない」

 Y君を呼び出して聞いたところ、彼はあっさりと浮気の事実を認めました。

「ワカナのこと好きだけど、許してほしい、なんて俺からは言えないよ」

「私も、まだY君と別れたくない。元カノにそうやって応じちゃう優しさも含めて、Y君だから……」

 彼は立つ瀬のない顔をしていましたが、「元カノにはもう会わない」という約束だけして、ワカナさんは彼を許したのです。

 しかしそれ以来、彼となかなか連絡が取れず、会社で偶然会っても避けられるようになったといいます。そして1か月後、ようやく会えたと思ったら、その場で別れを告げられたのです。

「ワカナと一緒にいると、自分が『浮気を許されて一緒にいる』感じがしてつらいんだ

 突然のことに驚き、どんなに別れたくないと言っても、彼は「ごめん」の一点張りでした。

「私、何も悪いことしていないのに……。むしろ、浮気を許したのに、なぜフラれなきゃいけないんでしょうか」

1年後、ワカナさんは転職。最近、Y君が例の元カノと復縁したことを風の噂で聞いたそうです。

【教訓】
ケナゲすぎる女は男に負い目を感じさせる

 彼氏も元カノもフザけんな!という例ですね。不条理なことですが、女性がケナゲすぎると、男はずーっと負い目を感じて無言の責めを受けてる気になるようで……。むしろ、浮気が発覚したときに、1回だけ彼氏に馬乗りになってボコ殴りする、あるいは20万円ほどのバッグを買わせるなどして、翌日からは何事もなかったように振舞っていたら、彼氏も“チャラになった”と気持ちが軽くなったかも。

<TEXT/柚しょう子 /Tarragona>
― 「なぜか男に逃げられる理由」大研究【1】―




あなたにおすすめ