♂&♀

トンデモ塾講師に仰天!「テスト中の生徒の後ろでキスに興奮♪」

 学習塾業界に危機が訪れている。大手学習塾に賃金不払いなどで労働基準法から是正勧告が入り、そのニュースが報じられることで、塾講師=ブラックバイトというイメージが付き、良い人材が集まりづらくなっているようだ。

 問題のある塾では、講師たちは、授業時間の前後にも働かされ、残業代も出ず、労働時間を考えれば最低賃金を割ることも……。

 そんな環境で働く講師たちの一部では、とんでもんなくモラルが低下している場合もあるという。中には、こんなとんでもない講師もいたので、以下詳しく話を聞いてみた。

ブラック化する学習塾のヤバすぎる性愛事情



学習塾<斉藤美保さん(仮名・28歳)塾講師>

「生徒たちが問題用紙に集中しているときに、教室の後ろから、前で試験監督をしている彼にパンツを見せて『Hしたい♪』とアピールするのが、スリルがあってたまらなく興奮するんです」

 こんなあきれた発言をする美保さんは、某有名私大出身。卒業後、おもちゃメーカーに就職も1年で退社し、転職の合間の「場つなぎ」として、中学生向けの都内学習塾で働き始めて、既に3年半がたつ。

「少子化で明らかに入塾希望者も減ってるから、給料も上がらない。転職すればいいんだけど、プライドだけは高いから変な会社には行けないし……。塾講師は、一応『先生』って呼んでもらえるし、学歴で尊敬はされるので、居心地は悪くないんですよ(笑)」

 しかし、立派な教育への情熱なんてないので、美保さんも同僚も「なんとなく、ダラダラ働いている状態」だ。高学歴者が集まってはいるが、ハキダメ化している。

ハキダメでセフレ



「だから彼とは、安居酒屋で『給料安すぎる』『あの生徒ムカつく』とかのグチの言い合いから、気づけばセフレ関係になっていました。仕事帰りにラブホテルに行くようになり、お互いお金がないから、彼から『だったら教室でしない?』と言われて。私も『そうだねー』って」

 子供たちが帰った塾の教室で、残業をするフリをして性行為におぼれたというから、ヒドい話だ。ついには冒頭のエピソードのように、授業中にまで……。

「最近はワザと『模擬試験』を多くして、試験に集中する生徒たちの後ろでキスしたり、手でシたりしてます。一度ガマンできなくなって、2人でトイレに駆け込んで最後までしてしまったこともありました」

 聞くだに最低な話だが、教室内性交に味をしめた美保さんは、最近入ってきた3歳年下の新人講師ともセフレ関係になったという。

 高い授業料を払って子供の将来を託している塾の実態がド底辺性愛の巣窟だと思うと親はやりきれないだろう。下を見れば、こんな極端な例もあるという塾業界。もっと上を見て、林修先生レベルの良い授業ができるよう意識を高くもってほしいものだ。

―ブラック化する[職場内性愛事情]【7】―




あなたにおすすめ