Entertainment

尾野真千子がやたら可愛いドラマ『夏目漱石の妻』

芸能ライター・スナイパー小林のドラマ評~秋のNHKドラマ 

 番組改編のこの時期。ドラマ放送がなくてさぞ寂しい思いをしていらっしゃるでしょうと予想するみなさまにおすすめしたいのが、現在絶賛放送中、NHKのドラマだ。これが週末になるととても豪華なラインナップになっている。

 金曜22時からは原田知世・斎藤工主演「運命に、似た恋」。土曜18時10分からは武井咲主演「忠臣蔵の恋」、21時からは尾野真千子、長谷川博己主演「夏目漱石の妻」。

 独身の多い女子SPA!読者には年末以外はあまり縁のない放送局かもしれないが、エンタメライターのスナイパー小林が「録画でもいいから! 見たほうがいいよ!」と太鼓判をボボボンと押したくなる3作。ここから1作ずつ紹介していこう。

尾野真千子がやたら可愛い



「夏目漱石の妻」毎週土曜/21時~(全4回)主演:尾野真千子、長谷川博己

夏目漱石の妻

「夏目漱石の妻」公式サイトより http://www.nhk.or.jp/dodra/souseki/

 舞台は明治時代。東京の名家・中根家の長女である鏡子(尾野真千子)。お見合いにより、熊本県で中学校の教師をしている夏目金之助(後の夏目漱石・長谷川博己)の元へ嫁ぐことに。そこではお嬢さま育ちの鏡子に経験のなかった、家事三昧と貧困な生活が待ち受けていたーー。

 夏目漱石自体は日本人なら一冊は読んだことのある作家。ドラマ内でも「嫁にこんな扱いをするとは!」とやや呆れてしまうほどの几帳面で気難しい性格だ。幼い頃に養子に出され、家庭の愛情を知らずに育ったがゆえなのかもしれないが、かなりの偏屈である。その漱石を愛して支えた鏡子にスポットを当てたのが『夏目漱石の妻』。

次のページ 
尾野真千子の鏡子がハマり役

1
2




あなたにおすすめ