Entertainment

ヤバすぎて面白い!話題の漫画「男子高校生とふれあう方法」の著者を直撃

地球のお魚ぽんちゃんインタビュー 第1回】

 今、ツイッターで話題沸騰中の「地球のお魚ぽんちゃん」をご存知でしょうか?

コミック本にもなった自作の漫画「男子高校生とふれあう方法」で披露する狂おしいまでの男子高校生愛や、毎日投稿されるシュールなネタで、現在5万フォロワーを突破する人気を誇るぽんちゃん氏。そんな彼女を直撃しました!

地球のお魚ぽんちゃん

「地球のお魚ぽんちゃん」のツイッターアカウント https://twitter.com/bakanoakachan

男子高校生と“自然と”ふれあう方法



――「男子高校生とふれあう方法」シリーズが大人気ですが、まず、ポンちゃん様の男子高校生好きはネタでしょうか? ガチでしょうか?

ぽんちゃん:ありがとうございます! よく聞かれます(笑)。私の男子高校生好きはガチですよ。逆に男子高校生好きじゃないのにこんなマンガ描き続けてたら相当ストイックな人ですよね、脅されて描いてるとしか思えません(笑)。

 常日頃から、男子高校生とどうにかしてふれあいたいなあと思っているのですが、実際にそうしようとすると犯罪スレスレになってしまうというか、生々しくて……ここでは言えないくらいですね(笑)

 この欲望をどうにか表現できないかな? と考えた時、運よく私はギャグ漫画を描いていたので、そこに昇華させた感じです。いかにスレスレのラインで共感してもらって笑ってもらえるか、「男子高校生とふれあう方法」はそこを意識して描くようにしていますね。

子供の頃からエロい漫画を描いていた



――漫画や創作活動を始めたのはいつでしょうか?

ぽんちゃん:実際にちゃんと「マンガ」として描き始めたのは大学卒業後です。でも小学生の頃から絵を描くのが好きで漫画の真似事もよくしていたんですけど、絶対に2、3ページで途絶えていました……熱しやすく、冷めやすい子供でしたね(笑)。

――子供の頃はどんな子だったのでしょう?

ぽんちゃん:そういえば当時から、よくエロい絵を描いていました。巨乳の女の人の絵を描いて、それを大事に大事にリビングに飾って、ひとり興奮していたのはよく覚えています。

 たしか小学3年生くらいの時なんですけど、ある日突然親戚がうち来ることになって焦った私は、母に「これ! どこかに隠してよ!!!」って怒り散らしたんです。ヤバいですよね。エロい絵を身内には堂々と見せるのに、他人に見られるとやはり恥ずかしかったんです。今は逆ですよ。身内には内緒で、他人には超見せてますからね。人って変わるんですね。

――普段のお仕事は何をされているのでしょうか? 差支えない範囲で教えてください。

ぽんちゃん:普段は普通に会社員として働いています。広告系の仕事なので、仕事と漫画の間でアイディアの交換をすることもたまにありますね。基本的には常に漫画(男子高校生)をメインに考えてしまっていますが……(笑)。でも、仕事でのフラストレーションを漫画にぶつけたり、逆に漫画の楽しさを仕事に持ってきてみたりと、お互い持ちつ持たれつでやっている感じは嫌いじゃないです。


次のページ 
男子高校生は愛おしい

1
2
あなたにおすすめ