Gourmet

鍋スープは買わなくてよし!簡単・最高の鍋スープを作るコツ

 自作のおいしさ、格別です。 鍋アップ「鍋」がおいしい季節になりました。スーパーの店頭では、市販の「鍋スープ・素」がどーんと並び、今日はどの味にしようかなあ…なんて悩むのも楽しみの一つですよね。  でも、市販モノって、1人鍋がしづらかったり、自分好みの味じゃなくてがっかりすること、ありませんか?そうは言っても、自分で作るのは難しいし…。  いいえ、そんなことはありません! そこで今回は、誰でもカンタンに調合できちゃう「鍋スープ」の作り方をご紹介したいと思います。

基本スープ、これを覚えればOKです!

 まず、鍋スープをおいしく調合するためには、以下の5つをほどよく満たすことが重要です。 (1)塩分(例)しょうゆ、みそ、塩etc. (2)うまみ(例)かつおだし、こんぶだし、鶏ガラ、発酵食品、化学調味料etc. (3)コク(例)豆乳、チーズ、トンコツetc. (4)甘み(例)砂糖、みりんetc. (5)その他(香り・辛さなど)(例)キムチ、カレーetc.  ポイントは「ほどよく」という部分。これだけ聞くと、とっても難しいように思われますが、2つのツボを押さえれば大丈夫。  一つ目は、(1)の塩分量を間違えないこと。  そして、もう一つは、スープにうまみやコク、香りまで与えてくれる「酒とみりん」を加えること。  はい、写真で見れば一目瞭然! 鍋つゆ調味料 塩分調味料の多くが、「大さじ1≒塩3g弱≒キューブ1個分」になっていますから、 ※一人鍋(湯400ml)の場合 ・しょうゆorみそor鶏ガラスープ顆粒 大さじ1~2(1はあっさりめ、2は濃いめ) ・みりん 大さじ1 ・酒 大さじ1 を基本と考えましょう。塩味にしたい場合は、塩をそのまま入れるよりも、鶏ガラスープの方がカンタンで美味。 (3)コクと(5)その他は、お好み量を入れて良いですが、キムチのように塩気が強いものは加減しながら加えましょう。  さあ次は、「うまみ」につながる「だし」についてです。

だしは取らなくても、具材から出るから大丈夫

「だし」と聞くと、カツオとコンブのイメージが強くて、「だしを取るのは面倒くさい…」と感じる人もいるはず。しかし、大丈夫!実は、鍋の具材からもうまみの素が出るので、うまみが出やすい食材を覚えておけば便利なんです。 具材【意外とうまみの強い食材例】 白菜、トマト、きのこ、白身魚(鯛・ヒラメなど)、エビ・カニ、貝類(ホタテ・アサリなど)  他には、干しシイタケや豚肉などもオススメ。これなら、カツオやコンブを必ず入れなくとも、具材を入れて煮込んでいくだけで、だしがしっかり効いた濃厚なスープが完成します。  そしてさらにここでは、スープの素にもなかなかないであろう、超オススメのスープをご紹介します。

「豆乳+オイスターソース+鶏がらスープ」で最強スープに!

豆乳スープ※一人鍋の場合 ・鶏ガラスープ顆粒 大さじ1 ・豆乳200ml+お湯200ml ・オイスターソース お好み量(仕上げにかける) 豆乳は、「無調整」ではなく「調整」を使うのがコツ。  もちろん冒頭ルールに従って、酒やみりんを加えてもよいでしょう。このスープ、肉にも魚にも相性バツグンで、感激のおいしさですよ!そして、うまみの出る野菜・魚介類を加えて作ったものがコチラ。 s 鍋完成 さあ、スープをもっと自由に自作して、おいしい鍋ライフを楽しみましょう! <TEXT,PHOTO/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【スギ アカツキ】 東大卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で料理研究をはじめる。モットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ