Beauty

なんと!暖房で肌にシミができる【美容部員の自腹コスメ】

 関西の百貨店で美容部員をしております、白川 凛(しらかわ りん)です。昨年から女子SPA!にて、高級ブランドの商品じゃなくても実は十分に事足りる「プチプラコスメ」を紹介しているわけですが、今年一発目は、美白モノで「コープ スキンローション」です!

近頃話題「美白化粧品」の怖い話



 美白系化粧品をシリーズで使い、結果、肌に色むらが残ってしまった。皆さんご存じの通り、某大手化粧品メーカーの美白化粧品でニュースになりましたよね。

 美容のなかでもひときわ美白意識が高い日本の女性ならではの“事件”だったと思います。日本女性のお肌って、世界的に見ても、キメの細かさ滑らかさはトップクラス。生まれつきの肌質はそれぞれあるにせよ、郡を抜いて「日本女性の肌は綺麗で滑らか」なんです!

 私、生まれてこのかた、肌の白さだけは褒められてきました。子供の頃からよく言われたんです。

「ほんま、色の白さは七難隠す、とはようゆうたもんや~」

 私には、ほかに七つも、あかんとこあるってことやねえ~。ほっといて!!

シミの原因は、紫外線と○○



 実は、美白に有効なお手入れの基本は水分補給! なめらかで美白なお肌の最大の天敵は「乾燥」。年を明けてますます気温が下がり、外は寒いのに、オフィスなど室内に入ると暖房で暑い、なんて季節。室内の温かい空気は上にいくので、なんだか足元は冷えるのに顔だけほてったり。

 そうなると、顔の皮膚の温度が上がります。皮膚温が上がると、お肌の水分が蒸発しやすくなります。すると、肌が乾燥する。

 冬の室内で乾燥するのは、このカラクリ。

 お肌って、水分が命です! 人間の体も80%以上が水分ですもの。もちろん、油分も大切ですよ。けど、まずお水で潤いを。雨が降らないと大地が干からびる、と同じです。水分を侮るなかれ!

 水分をたっぷりと蓄えると、お肌がよみがえります。乾燥でカラカラになった1つ1つの肌細胞が、イキイキふっくらしますから、お肌にハリ感が出るんです。

 そんな乾燥の結果起こる怖~い話を。

 それは、シミに繋がる、と言うこと。シミというと、紫外線を連想する方が多いと思いますが、紫外線対策だけしていれば万全というわけではありません。

 シミができるメカニズムを簡単にご説明しましょう。肌細胞には1つ1つ「核」という、いわば心臓みたいな物がございます。紫外線を浴びることにより、強い刺激で、この肌細胞の核が壊れて細胞が死んでしまう。それを防ぐために、核の上に傘のように黒い物体が覆い被さるように核を守ろうとして出てくる、これが、かの有名なシミの原因、メラニン色素です。

 だからね、メラニン色素って、悪者じゃないんですよ。要は、「刺激」によって、メラニン色素は出てきてしまうのです。

 では、乾燥とシミがなぜ直結しているのか。乾燥って、実は肌の内部にとって凄い刺激なんです。乾燥してるだけだから問題ないって放置しておくと、シミに直結なんです! 恐ろしいですよね。

 周りの方を見てみてください。100%とは言いませんが、乾燥肌の方に、圧倒的に多いんです、シミでお悩みの方。

コープスキンローション そこで、この化粧水。

「コープ スキンローション」150ml・680円(しっとりタイプ、さっぱりタイプ)

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=61523

 できてしまったシミを薄くするような効果はありませんが、なにせ低刺激。敏感なお肌にも使える低刺激でしっかりと潤してくれる!しっかり潤す事で、乾燥対策+シミ予防が出来ます。

 乾燥する方、肌がゴワゴワするという方、ゴワつくとか硬い感じがすると言う方。水分が不足すると、肌が硬くなります。干からびた田んぼ、思い浮かべてください。硬そうでしょ。あれと同じ。水分が入ると、柔らかく、潤った、ハリ感のある、滑らかお肌になるのです。そして何より、肌の奥からの透明感が増します!

 そして、潤うだけではありません。その後に使う美容液等の浸透も良くしてくれます。一石二鳥なんですよ!

※お肌に合わない時は、ご使用をお控えくださいね。

コープスキンローション<TEXT/白川 凛  PHOTO/Viktor Levi>

【白川 凜】(しらかわ りん)
関西在住の30代、百貨店の現役美容部員。ナチュラルコスメでスキンケアアドバイザーとして15年、従事している。「高い化粧品を使っていると豪語する人ほど、綺麗な人が少ない」と気づき、お金をかけずに綺麗になれることを追求するため、日々、さまざまなスキンケアを自ら試している。情報源はドラッグストアとインターネット。最近は、「プチプライスで実力派揃いのネットが熱い!」

白川 凜
しらかわ りん。関西在住の30代、百貨店の現役美容部員。ナチュラルコスメでスキンケアアドバイザーとして15年、従事している。「高い化粧品を使っていると豪語する人ほど、綺麗な人が少ない」と気づき、お金をかけずに綺麗になれることを追求するため、日々、さまざまなスキンケアを自ら試している。情報源はドラッグストアとインターネット。最近は、「プチプライスで実力派揃いのネットが熱い!」




あなたにおすすめ