Entertainment

松田龍平と戸次重幸、現場では目を合わさないようにしていた?『ぼくのおじさん』インタビュー

 芥川賞作家、北社夫さんの同名児童文学を実写映画化した『ぼくのおじさん』が公開中です。  小学生のぼくこと雪男もあきれる、屁理屈ばかりの居候の“おじさん”に扮し主演を務める松田龍平さんと、“おじさん”が恋に落ちた美女をめぐる恋敵を演じた戸次重幸さんにインタビューしました。
松田龍平さんと戸次重幸さん

松田龍平さん(左)と戸次重幸さん

映画ならではの『ぼくのおじさん』の世界

――北社夫さんの原作を小学生のころに読んで大好きでした。おお! 映画化されるんだ!松田さんがやられるんだ! と。 松田:ドキドキしてきた(笑)。“おじさん”って、言ってしまえば、どうにでも演じられるというか。もちろんキャラクターはあるんですけど、独特の言い回しとかね。ただ今回は、半分がハワイに行ってからの映画オリジナルのお話なので、そのときのテンションをどう成立させるかが大きかったですね。 ハワイに行ってからは、エリーさんに対しての気持ちがマックスだったり、恋敵の青木に対して暴力的な一面を見せるので、それをどう成立させるかとか。だから原作だけじゃなく、今回のストーリーになったうえでの見せ方を考えました。 ⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=615563
『ぼくのおじさん』より_1

『ぼくのおじさん』より

――その青木を演じられているのが戸次さんです。映画オリジナルのキャラクターで、おじさんとは違い現代的な男性ですね。 戸次:クランクイン前に監督と人物像についてお話しさせていただきました。青木はいいやつってことでいいですかと。腹にいち物もなく、竹を割ったようないいやつ。過去にエリーとはいろいろあったかもしれないけれど、それも若さゆえ。根はいいやつでいいですねと確認したら、監督もそうですねと。下手に色気を出してやると余計に伝わらなくなるから、ストレートに演じさせていただきました。
『ぼくのおじさん』より_2

『ぼくのおじさん』より

次のページ 
現場では目を合わさないようにしていた?
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ