Lifestyle

ドケチ結婚式にドン引き!お見送りの新婦の手には…

 皆さんは結婚式に招待されるのってお好きですか?

 ひとことに結婚式と言ってもさまざま。「楽しくて、いいお式だったな」と思うこともあれば、「疲れた…」と帰路につくことも。大谷真理子さん(仮名・35歳・不動産/未婚)が参加したのはどうやら後者の極みのようで…。

披露宴

真夏、灼熱の挙式



「私がいままで一番ドン引いた結婚式は、2年前に出席した同僚Nさんの結婚式。Nさんは腹を割って話したことはないけれど聞き上手で優しくてすっごくいい子だったので、幸せなお祝い気分で出かけたんですけど……」と大谷さん。

 結婚式が開かれたのは猛暑まっ盛りの8月上旬。夏の結婚式場は安いと聞くので、一緒に呼ばれた同僚たちと「Nさん新生活のためにケチったのかな~」などと、決して悪口ではない冗談を言い合いながら会場に向かったそうですが……。

「式はいわゆるハウスウェディングだったのですが、受付を済ませ案内されたチャペルがなんと屋外だったんです。しかも挙式開始時間は日差しが真上近くから照りつけてくる午前11時。

屋外チャペル そのうえ新郎新婦の入場まで15分ほど待たされたので、参列者はみんな汗びっしょり。我慢しきれず『あっち~』『倒れそう』『まだかよ……』といった愚痴をこぼしてる人もチラホラいました。

 私もシルクのワンピースが汗で肌に貼りつき気持ち悪く、マナー通りにきちんと履いてきたストッキングに包まれた足はムレムレ。祭壇付近だけ屋根があるので、やっと入場してきて涼しい顔で愛を誓い合う新郎新婦を眺めながら、お祝い気分が徐々にダウンしていきました」

狭い空間に押し込まれた披露宴会場



 灼熱の挙式が終わり披露宴会場に入ると、なんだか違和感が。一般的な披露宴会場に比べ、テーブルとテーブルの間隔が異様に狭かったのです。

「本来なら招待客40~50人がちょうどいい部屋に、70人くらい押し込んだ感じですね。隣のテーブルも新郎新婦が座るメインテーブルもすぐそばで、すっごく落ち着かないんです。

披露宴会場 普通の披露宴だったら同じテーブルの仲間同士で和気あいあいとたわいもない話を楽しむんですけど、会話が筒抜けになりそうでどこのテーブルも妙にシーンとしていました。こんなに呼ぶならもっと広い会場を選べばいいのに……と思いましたね。

 乾杯はシャンパンではなくビールだったし、冗談でなく本当にかなりケチったんでしょう。ここ最近、乾杯がシャンパンじゃない披露宴なんて出たことありませんよ。まあ、喉がカラッカラだったのでビールが染みわたりましたけどね」

次のページ 
招待客を襲うさらなる苦境!おまけにお見送りは…

1
2




あなたにおすすめ