Lifestyle
Love

10年同棲して、なぜ結婚しない?「恋人以上、夫婦未満」という新しい関係

<みきーるの女子マインド学>  長いこと、彼女と恋人関係を続けている男性がいます。  タカシさんは10年以上彼女と一緒に住んでいて、二人ともアラフォー。お試し同棲でもなく、十分な時を過ごしながら“夫婦”にならないのは、一体なぜなのか?
同棲カップル

写真はイメージです

 彼に問うてみると、「彼女を守るため」とポツリ。詳しく聞くと、とても納得がいきました。

家族に結婚を壊される前に“あえて結婚しない”作戦!

「友達以上、恋人未満」という言葉がありますが、これからは「恋人以上、夫婦未満」という関係が広まるかもしれません。  タカシさんの母親は、いわゆる“モンスター義母”で、これに参った彼の兄嫁は体調を崩して離婚しました。義母は嫁を自分の好きにしていい子分か何かだと思っていて、タカシさんの彼女にも「結婚したら、私に従ってもらう」と支配する気満々。  また、彼女の父親も見栄っ張りな人で、何かというと自分より学歴の劣るタカシさんをやりこめました。 「自分たちは好き合っているし、この関係を大事に思っています。でも“結婚”することでお互いの家族にミソをつけられるのはイヤなんです。毒親って本当にいるんですよ。“嫁”じゃなければ母も彼女に手を出せないし、彼女の父親にあれこれ言われても、“他人の言うことだ”って聞き流せます」と、タカシさん。 「でも、将来のことを考えると心配じゃない?」と、さらに問うと、 「自分の老後とか? 支え合う方法はいくらもあると思うし、遺言状を書くとか、彼女に蓄えを残すことも考えていますよ」とのこと。

あらかじめ相手の家族と縁をもたないでおく“寸止め婚”

 タカシさんカップルは、家族から大事な人を守るため、あえて自分たちは“法的な家族にならない道”を選んだのです。  感覚としては、あらかじめ相手の家族と縁をもたないでおく、“寸止め婚”みたいな感じでしょうか。法律上の夫婦ではないけれど、思いやりの絆で結ばれた二人の関係は、とても素敵だと思います。  そういえば、好評のうち終了したドラマ「カルテット」の主人公たちも、恋人同士でもなければ、ささいな血縁すらなかったけれど、まごうことなき“家族”のような関係を築いていました。  昨今、離婚原因の上位には「相手の親・親族の付き合いが面倒」(※)がランクインしています。  せっかく結婚しても“家族”に壊されるなら、形式やしきたりにこだわらず、自分たちらしいパートナーシップを選び取る――そういうカップルも増えそうですね。 ※参考)離婚の原因 1千人アンケートから見えた本当の理由 <TEXT/みきーる> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【みきーる】 みきーるジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』
みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
Cxense Recommend widget
大人のSMAP論

ジャニーズの“落ちこぼれ”といわれた「SMAP」は、なぜ「国民的アイドル」になり得たのか?気鋭の評論家・速水健朗氏、偏執的なテレビウォッチャーとして知られる戸部田誠氏(てれびのスキマ)、“ジャニヲタ・エバンジェリスト”みきーる氏の3人が、革命的アイドルの「奇跡」と「偉業」を語り尽くす。これぞ大人も納得、「SMAP論」の決定版!


あなたにおすすめ