Entertainment
Lifestyle

小林麻央にエール!“がん”から復帰した意外な芸能人たち

 2016年6月に乳がんを公表し、闘病生活を続けている小林麻央(34)。4月には、生死に関わる輸血を受けていたことも大きな話題になりました。そんな彼女の懸命に生きる姿に多くの人々が心を打たれています。

小林麻央

小林麻央ブログより https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12249578112.html

 ここ数年、芸能人が病気を公表することが珍しくありません。以前は病気とわかると仕事が減るため業界ではタブー視されていましたが、現在はオープンにしても支障がないということがわかり、多くの芸能人が公表に踏み切っています。

 そこで、実はがんと闘病した経験があると聞いて「驚いた」「意外だ」と感じる芸能人を30代女性200人に聞いてみました(※)。
======
がんと闘病した経験があると聞いて「驚いた」「意外だ」と感じる芸能人は誰ですか?(複数回答、カッコ内は病名)

8位 ピーコ(メラノーマ) 16.5%
8位 柴田恭兵(肺がん) 16.5%
8位 北斗晶(乳がん) 16.5%
7位 渡辺謙(胃がん) 18.0%
6位 だいたひかる(乳がん) 18.5%
4位 つんく(咽頭がん) 20.0%
4位 和田アキ子(子宮がん) 20.0%
======

 北斗晶(49)は2015年7月に乳がんに罹患(りかん)したこと、手術を受けることを公表しました。「元プロレスラーで鬼嫁」という病気とは真逆の強いイメージだっただけに、意外と感じる人が多かったのでしょう。

 現在は仕事復帰し、病気前と変わらず元気な姿を見せてくれています。

北斗晶オフィシャルブログ そこのけそこのけ鬼嫁が通る

『北斗晶オフィシャルブログ そこのけそこのけ鬼嫁が通る』(https://ameblo.jp/hokuto-akira/)

 2014年3月に早期の咽頭がんが発覚した、音楽プロデューサーのつんく(48)。歌手としてもヒット曲を連発しただけに、2015年に声帯を摘出した時は衝撃的でした。

次のページ 
3~1位はこちら

1
2
あなたにおすすめ