Gourmet

パンケーキよりガレット。幻のバターも発見!【ブルターニュグルメに再注目】

 パンケーキより好きなモノ。            

 先日、表参道の奥路地の一角に、賑やかなお店を発見。昔大好きで通った「ガレット」と「クレープ」のお店が、華やかにリニューアルオープンしていました。話を聞くと、魅力はカタチだけにとどまらず、新しいスタイルでフランス・ブルターニュ地方の魅力を存分に味わえるのだとか。

ガレット そこで今回は、ブルターニュの美味しいお話。パンケーキとは一線を画す「ガレット」や、ブルターニュならではの「美食材」についてご紹介します。

ブルターニュ食材を厳選したレピスリー(食材店)がオープン



ル ブルターニュ そもそも、本格的なガレット・クレープ店が日本に上陸したのは1996年。神楽坂に『ル ブルターニュ』がオープンし、そば粉のクレープ「ガレット」とリンゴのお酒「シードル」が知られることに。

 元々ガレットは、カフェよりもクレープリー(クレープ屋)が多い「フランス・ブルターニュ地方」で誕生した、歴史ある食べ物。パリには、本場ブルターニュの豊かな食材を扱うお店「レピスリー」が隣にあるクレープリーもあります。そのレピスリーが、日本にも上陸。「ブレッツカフェ表参道店」のすぐ隣にオープンしたのです。

本場のガレットはこんなにも美味しかった!



 まずは、久しぶりにクレープリーにてガレットを食べてみることに。基本の具は、ハム、タマゴ、チーズ。そば粉100%のガレットは、「食事」として食べる甘くないもので、クレープは、ガレットの後に楽しむ繊細さを持つデザートなのだとか。       

 ブルターニュ産アーティチョーク、タマゴ、グリュイエールチーズ、野菜などが入った限定メニュー「トラディッショナル」を注文。作りたての味に、ただただ感激。美味し過ぎるその味の秘密は、注文時に選べる「バター」にありました。

幻のバターを発見!



 「ボルディエ」のバター。ブルターニュ・サンマロに本店があり、手作り製法にこだわる伝統的バターです。バターの概念を大きく覆す香りと濃厚さ。そして決して重すぎることなく、後味の上品な軽やかさに驚きます。

 このバター、デパート等のフランスフェアで紹介をすると、開店直後に売り切れてしまう、知る人ぞ知る逸品。あまりの素晴らしさに、これまで某有名発酵バターを使用していたのを、まずは表参道店だけ切り替えたのだとか。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=76490

幻のバター  この「幻のバター」。レピスリーでも購入することが可能で、種類は3つ。

 シンプルな「有塩バター」、フランス・エスプレット産の唐辛子が香る「パプリカバター」、パスタや魚料理がぐんと引き立つ「海藻バター」。どれにしようか迷ってしまう程、三者三様の味わいです。店内ではバゲッドと共に試食をすることができますから、じっくり吟味するのがオススメです。

すぐに食べられる絶品ブルターニュ食材



 その他、レピスリーに並ぶ食材をご紹介。まずは、世界中の名だたるシェフに愛用されている「ゲランドの塩」。ブルターニュ地方は、「美味しい塩の産地」でもあり、塩を使った銘品が豊富に揃います。また、すぐに食べられる「魚介のスープ」や「缶詰」がカラフルに並び、そこにいるだけで幸せな気分になってしまいます。

(1)塩バタービスケット

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=76491

塩バタービスケット ブルターニュの良質な塩入りバターをたっぷり使った「ガレットバタービスケット」。有名セレクトショップにも選ばれる上質な焼き菓子で、香り、甘さ、食感共にパーフェクト。一度食べたら絶対に忘れられない味わいです。

●塩バタービスケット 
角缶(アンリオ)厚焼き、薄焼き各4袋入り1840円
丸缶(オワゾー)厚焼き、薄焼き各2袋入り1380円

(2)塩バターキャラメル

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=76492

塩バターキャラメル 日本で人気が定着したクイニーアマンは、「塩入り焼き菓子」の代表ですが、実はコレこそが「塩スイーツ」の元祖で、ブルターニュの伝統菓子でもあります。フランス菓子の深みある甘さ、濃厚さを楽しめる魔法の1粒。可愛いパッケージも魅力です。

●塩バターキャラメル木箱入り80g 650円

(3)海の幸を閉じ込めた高級缶詰

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=76493

魚介の缶詰 料理研究家として最もオススメしたいのが「魚介の缶詰」。オマール海老のビスク(スープ)や、新鮮なサバをフレンチテイストに調理したサバ缶、オイルサーディンも種類豊富に揃っています。

●(左)ベルイロワーズ オマール海老のビスク 960円
●(右)キャプテンクック サバのフィレ缶ほうれん草クリーム 1260円

さっそくブルターニュグルメをチェックしてみてはいかがでしょう!?
http://www.le-bretagne.com/

<TEXT/PHOTO/店舗提供、スギ アカツキ>

スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana




あなたにおすすめ