Lifestyle

12星座別・イライラと向き合うために必要なことは?【2014年3月~初夏】

 こんにちは。占術家のエル・アシュールです。

 3月2日から、火星が、3日から、土星が逆行しています。星占いに詳しい方なら、「水星の逆行期は、『二度手間』や『忘れ物』『ケアレスミス』が増える……」といったことを聞かれたことがあるかもしれません。

 水星は地球に近い天体ですが、火星や土星は、やや離れています。ですので、それほど個人レベルでダイレクトな影響は受けにくいのですが、逆行することで、星が一つの場所に長く留まるため、しっかりと向き合わなくてはいけないテーマが浮上しやすくなります。

 今回ともに逆行を始めた火星と土星は古代の占星術では凶星として忌み嫌われていました。火星は、「争いや欲望」に、土星は「制限や忍耐」に関係する星だからです。

 出生図で、火星がいる場所は、その人にとって、「熱く」なるポイントです。欲望に火をつけられ、それゆえ、熱心になったり、人と争ったり、エキサイトしたりします。

 土星のいる場所は、「重く」感じます。責任感じたり、やらなきゃーと思ったり、プレッシャーを感じたり、憂鬱だったり、悩ましかったりします。

 天体が逆行するとき、物事が繰り返されたり、再確認や振り返りの必要なことが起こってきます。ここ数ヶ月、もしくは、1年半くらいあなたにとって、「イライラしたり」、「気が重かったり」、「悩ましかったり」したことが、再び浮上したり、「またか」というようなことになりやすいときです。

 終わったはずなのに……。片が付いたと思っていたのに……。その問題(テーマ)はなぜ、再びあなたの前に現れたのでしょう?

 それは、まだ、問題の根っこが残っているからです。

 そして、目をそむけずにしっかり向かって欲しいからです。

そのとき大事なのは、

・自分の行動、やってきたことを振り返ること、見直すこと、軌道修正すること。

・モチベーション(動機付け)を再確認すること。

・何のためにそれをしているのか。目指すところはどこ?を確認すること。

・ネガティブに考えすぎていないか。視野が狭くなっていないか、マイナス思考に陥っていないか、自分や相手、状況を客観的に見てみること 


 です。

 火星は、4月29日の日食で蟹座の木星、牡羊座の天王星、山羊座の冥王星とともに、大変容の配置グランドクロスとなります。火星は、いつも事件のトリガーです。

 今回の火星がもたらす問題やテーマ、トラブルは、あなたの人生に大きな変化をもたらします。だからこそ、しっかりと向き合い、前向きに対処することが大事なのです。

 天体のエネルギーをポジティブに使用したときは、火星は、人生に良い方向に変える原動力や行動力になり、土星は建設的で実際的な結果をもたらします。

 火星の逆行は、5月20日まで、土星の逆行は7月21日まで続きます。天体のエネルギーを前向きにいかしながら、4月末の大転換の波をベストな状態で乗れるよう、行動や目的の見直しをしていきましょう。

火星・土星逆行期の12星座別アドバイス



●牡羊座
自分の意志や希望だけで動こうとすると待ったをかけられそうです。「情けは人のためならず」。自分だけでなく、相手、仲間や家族の希望や気持ちをくみ、みんなが幸せになれる方法を探しましょう。それはけっしてあなたを犠牲にしません。むしろ最善へと導かれるのです。

●牡牛座
この時期、「習慣化」に取り組むことはあなたにとって、大きな助けになるでしょう。仕事や家事のルーチン、健康のためのエクササイズやダイエットなど努力よりも、歯を磨くようにごく自然に無理なくできる方法を見つけましょう。交際面でも自分を制限したり、ガマンしないで付き合えるスタイルを探してみてください。

●双子座
アピール力と創造性が高まっています。あなたの個性をクリエイティブな方法で、外に向かって表現しましょう。物を創ったり、企画したりすることで才能が開花したり、自信が高まります。遊びも恋も盛り上がるときですが、義務はしっかりと果たしましょう。

●蟹座
家族との関係や家や生活環境は、蟹座の人にとって、人生の重要なテーマです。今年の7月まで、星があなたにこの事にフォーカスするよう求めてきます。家族や身内で協力したり、お互いを理解することに力を注ぎましょう。情報や人の意見に頼るのではなく、直感と内なる智恵を大いに働かせましょう。

●獅子座
学ぶこと、情報収集や発信に熱心に取り組むことで、未来が開けてきます。ただし、過激すぎると発言が物議を醸し出すことも。品よく愛ある言葉やメッセージを選びましょう。突然引っ越したり、留学したくなったりするときでもありますが、思いつきはタブー。

●乙女座
この時期浮上するお金の問題は、あなたに運用方法や使い道、収入を得る方法について、もっと別のやり方があることを示唆しています。でも、情報や過去の資料はこの時期、頼りになりません。本や人から聞いた話、ネットで見つけた情報を鵜呑みにするよりも、あなた自身で、実践し、試してみましょう。

●天秤座
火星があなたの星座に長く留まるので、パワフルさを感じているでしょう。実際、いつもより、意欲的かつ勇敢に物事と向きあえているはず。一方で、強い自立心や欲望、お金に対する不安や悲観が周囲の人との摩擦を引き起こす可能性もあります。誰かと争うよりも、あなたの資質や個性を伸ばすことに集中しましょう。

●蠍座
この時期のあなたはいつもより、物事を悲観的に受け止めがちです。実際は、今は苦しく、大変な出来事に見舞われているかもしれません。でも、まもなく、光が差してきて、状況はどんどん明るくなってきます。今の不満や不安やそう長くは続きません。何か建設的なことに取り組んでいるなら、今よりもずっとあなたにとってハッピーな状態になっていることを想定して作り上げていきましょう。

●射手座
1人ではなく、仲間や同志と協調して行動するときです。団結力やチームワークがエネルギーを高め、独りで行うよりも何倍もの成果を生み出します。仲間と切磋琢磨し合い、建設的な目的以外の衝突は避けましょう。グループ、組織、社会、国など、個人レベルではなく、視野を広く持って行動することがあなた自身の幸福やチャンスにつながります。

●山羊座
野心が高まるときですが、空回りしたり、遠回りしているように感じることがあるかもしれません。いつの間にか、本筋からそれたり、目的からズレているのが原因です。あなたの社会的な役割や目指す場所をしっかりと定義しましょう。目標は長期的なスパンで立てるとよいでしょう。

●水瓶座
持久力が求められています。安易に方針を変えずに、忍耐強く過ごすことが大切です。今、苦しい環境にいるとしたら、時代があなたに追いつくのを待ちながら、実力を磨いていきましょう。

●魚座
あなたのヴィジョンを実現するには、少し時間がかかるかもしれません。焦らず、一歩一歩できることからコツコツアプローチすることが最短ルートです。近道や抜け道を探すより、正道をしっかりと進んでいきましょう。利権の争いに巻き込まれそうになったら、一歩退くか、調和出来る方法を探してください。

<TEXT/エル・アシュール  PHOTO/Marie Sprunger>




あなたにおすすめ