Lifestyle

“食べられる”日本語入力アプリ!? 「Simeji」の進化版が登場

Simeji 3000個以上の顔文字や特殊顔文字、テキストスタンプを搭載し、自由なカスタマイズが可能なことで、Google Playで最大のダウンロード数を誇る、Android向け日本語入力アプリ「Simeji」はご存知でしょうか? Docomo/KDDI/Softbank機種に対応する絵文字、ハートマークなどの記号も楽しめる、女子の間で爆発的な人気を誇るアプリなのです。

 そんな「Simeji」の機能を、リアルな「食用しめじ(編集注:きのこのしめじ)」にそのまま移植した「Simeji NEXT」なんてものが本日、4月1日に発表されました。え? これ、つまりどういうこと? そんなことできるの?

 以下、本日解禁となったプロモーション
https://www.facebook.com/Simeji.me/app_465182460222431

 Simejiを開発したバイドゥ社の矢野りんさんは、「Simejiの日本語変換機能や予測変換精度、入力効率をそのまま、食用しめじに動作環境の移植を目指し、今までにない未来形の日本語変換体験を提供可能にしました」と語ります。

Simeji

プロモーションがかっこいい

 日本語変換時にしめじらしいぷにゅっとした弾力を楽しめたり、「Simeji NEXT」を利用後、しめじとして調理して、食べることもできます。これまでになかった新しいタイプの「Simeji」で、動作環境は「加熱前、調理前のしめじ」で、発表はされたものの、インストール可能な時期は未定だそう。いずれにしても、これが本当に実現されたら、すごいですね!

400万DLを誇る「Simeji」ってそもそも何?



Simeji さて、そんな「Simeji NEXT」に搭載された本場の「Simeji(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.adamrocker.android.input.simeji)」とは、どんな特徴のある日本語入力アプリなのでしょうか? 現在Google Playで累計400万ダウンロード(!)を誇る「Simeji」は、フリック入力やポケベル入力のようなユニークな日本語キーボードだけでなく、音声入力やハードウェアキーボードにも対応した日本語入力アプリ。

 メールやSNSのコミュニケーションが豊かになるよう、絵文字や顔文字の辞書も搭載されています。楽しいのは「かおもじ」や「きたー」のように顔文字に関係のある言葉を入れると、変換候補として顔文字をいっぱい出してくれること。顔文字派女子にはたまりません!

 また「Simeji」では、キーボードの背景デザインを300種類以上のスキンから、自分らしいデザインを選んで変更可能。ブロックや星、動物、風景などから自由に選べるのは嬉しい。

Simeji「ひらがなを漢字に変換したいとき、その傍らにはしめじがある。そういう時代が来れば、世の中はもっとおもしろくなると確信しています。今後とも、私たちの動向に注目していただければと思います」とは矢野さん。「Simeji」、これを機にみんなも使ってはいかがでしょう? <TEXT/池田園子>

※注意
「Simeji NEXT」はエイプリルフールの時季に合わせて、Android向け日本語入力アプリ「Simeji」のプロモーションを目的に制作されたウェブコンテンツコンテンツです。まだ「Simeji NEXT」を使うことはできませんが、「Simeji」はGoogle Playからインストールして使い、稼動時期を待ってみよう!




あなたにおすすめ