Entertainment

三浦春馬に爆笑!「オトナ高校」の前に舞台で見せたコメディ演技

 人を笑わせるって難しい。コメディと呼ばれるドラマや映画を観るたびにそう思います。
オトナ高校

「オトナ高校」テレビ朝日 公式サイトより http://www.tv-asahi.co.jp/otonakoukou/

 シリアスな演技は自然に見えても、コメディになると途端にわざとらしく見えてしまう役者さんもいたりして。一生懸命に演技をしていても、ハマっていないというだけで簡単に白けてしまいますから。  コメディは上手いか下手か、まっぷたつに分かれてしまうなぁと常々感じている次第です。つまり、コメディができる役者さんってすごい。  そんなわけで、10月14日にスタートした「オトナ高校」(テレビ朝日系列)の三浦春馬はすごかったです。東大卒エリートで童貞ってぶっ飛んだ役が笑えた、笑えた!

「オトナ高校」のコメディアンぶりがたまらない

 何より別撮りのモノローグが最高でした。やたら抑揚(よくよう)をつけたしゃべり方、ころころと変わる豊かな表情、大げさな身振り手振り。ジム・キャリーのような海外のコメディアンを思わせる演技が秀逸。  人前で見せる真面目くさった表情やスカした態度がこれらをまた引き立てていて。  ああ、めちゃくちゃカッコ悪い! 三浦春馬なのに! 端正な顔でぶちかますコミカルな演技がしっかりハマっていたなぁと。

思い出す「キンキーブーツ」のローラ

 あれ、この姿どこかで見たことあるなぁと思ったら、昨年、三浦春馬が演じた舞台「キンキーブーツ」のドラァグクイーンのローラ!  そもそもオープニングで見せるキレキレのダンスがローラそのもの。  高身長(「オトナ高校」の英人も自分で言っていたけれど)で恵まれた体格の三浦春馬が演じるドラァグクイーンのローラは、一か月間ニューヨークで鍛えたという声量のある歌声と相まって、まあ迫力に満ちていました。  バサバサのまつ毛に縁取られた目をカッと見開いてみせる笑顔は凄みがあるし。手足の先までエネルギーがみなぎった演技に目が釘付けになったものです。三浦春馬がこの年の読売演劇大賞で杉村春子賞を受賞したのも納得。 「オトナ高校」の英人はこのローラの圧倒的な存在感と通じるものを感じました。
次のページ 
爽やかな役柄も良かったけれど…
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ