Entertainment

柴咲コウ、山田孝之が会社起業!副業がスゴイ芸能人7選

渡辺直美 プラスサイズブランドのデザイナー

 千秋と同じくデザイナーとしても活躍しているのがお笑い芸人の渡辺直美(29)。2014年、ふっくらした女性をターゲットにしたブランド「PUNYUS」を立ち上げました。  このブランドは豊富なサイズ展開がウリで、フリーサイズから6Lまで対応しています。きのこや目玉焼き、鮭を持って走るねずみなど斬新なデザインが話題を集めるとともに、価格も5000円~1万円前後の物が多く手が出しやすいのも人気のひとつ。  デザイナーとして活躍しているおかげか、ミラノで行われた一流ファッションブランド「FRURA」の2018年春夏コレクションにゲストとして来場。デザイナーとしてますます箔(はく)がつきそう。

たむらけんじ 焼肉店を経営

たむらけんじの東京で売れてる芸人 犬に噛まれろ!!

『たむらけんじの東京で売れてる芸人 犬に噛まれろ!!』(竹書房)

「炭火焼肉たむら」のオーナーでもあるお笑い芸人のたむらけんじ(44)。最初は焼肉店を経営する気はまったくなく、ここまで店が大きくなるとは夢にも思っていなかったそうです。  現在は海外やフランチャイズを含め、オーナーを務める9店舗の飲食店をすべて自身で管理。半裸で獅子舞を担いでいる男とは思えないほど、飲食業に対して真摯な姿勢をとっています。ちなみに経営者目線で見たときに欲しい人材は『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳(43)。頭が切れて、枠にはまらない考えを持っているのがいいんだとか。

保阪尚希 通販コンサルで電子レンジのヒット記録あり

保阪流

保阪尚希プロデュース商品「保阪流」(http://qvc.jp/cont/brands/hosakaryu/List?id=1734)

 俳優の保阪尚希(49)は昨年、意外な収入源を『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)で明かしました。  ここ数年、俳優としての姿をメディアで見る機会がすっかり減っていた保阪。現在はなんと通販コンサルタント業にも精を出しているのだとか。  なんでも消費者が何を求めているかを通販会社にアドバイスすることを主としており、そのほかにもオリジナルブランドを立ち上げ商品開発やプロデュースも行っているといいます。プロデューサーとしての手腕は発揮されているようで、保阪プロデュースの電子レンジ調理器具は1日で1億7千万円も売り上げたことがあるそう。  30歳頃、体調を崩した際に取得した野菜ソムリエやフードアナリストの資格を活かせる場として通販コンサルを行うようになったと語っていた保阪。歌手やレーシングドライバー、僧侶としての顔ももっていた彼は、新たな道を歩んでいます。 <TEXT/女子SPA!編集部> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ