Entertainment

斉藤由貴に小出恵介…降板・休業した芸能人たちの事情【2017年編】

 主演、演出を務める女優の鈴木砂羽(45)から土下座を強要されたとして、舞台開幕前日に出演予定だった女優二人が降板を発表したのは9月下旬のこと。鈴木は騒動を否定しましたが大きな話題となりました。

鈴木砂羽

鈴木砂羽「お前の母ちゃんBitch! 」TOEI COMPANY,LTD.

 また10月18日発売の『週刊文春』はフリーアナウンサーの宮根誠司(54)が『情報ライブ ミヤネ屋』(讀賣テレビ)を3月いっぱいで降板すると報道。それに対して、本人は番組で「4月以降もやらせて頂きます」と否定しました。

 そこで今回は、今年、なんらかの事情で仕事を降板or休業した芸能人を見ていきましょう。

斉藤由貴 不倫騒動でNHK大河ドラマを出演辞退



『週刊文春』(8月3日発売号)に50代男性医師とのW不倫をスッパ抜かれた女優の斉藤由貴(51)。報道直後はシラをきり通していましたが、9月5日発売の『FLASH』にキス写真が掲載されると一転、双方ともに不倫を認めました。

『ETERNITY』(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS)

『永遠』(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS)

 この影響でラジオ番組『オールナイトニッポン MUSIC10』(ニッポン放送)と『高校講座 物理基礎』(NHK Eテレ)を降板、2018年1月スタートの大河ドラマ『西郷どん』は出演を辞退するハメに。

『西郷どん』については、「現場への影響はないと聞いているので賠償などは考えていない」(NHK木田幸紀放送局長)とのことで、代役も南野陽子(50)に決定。二人とも80年代に一斉を風靡したドラマ『スケバン刑事』の主人公を演じていたこともあり、「スケバン刑事リレー」と話題になりました。

小出恵介 淫行で活動無期限休止中。NHKの主演ドラマが放送中止に



 6月、俳優の小出恵介(33)の淫行騒動について「創業39年で最大の不祥事」として、大手事務所「アミューズ」社長が謝罪しました。ことの発端は6月9日発売の『FRIDAY』。大阪府の女子高生と飲酒し不適切な関係を持ったと報じられ、9月13日に条例違反の疑いで大阪府警に書類送検されました(すでに少女とは示談成立済み)。

『Days in India』(Bbmfマガジン)

『Days in India』(Bbmfマガジン)

 このスキャンダルにより小出は芸能活動を無期限休止。6月に放送予定だったNHKの主演ドラマは放送中止となり、日本テレビの7月期ドラマは事務所の後輩である賀来賢人(28)が急きょ代役を務めることに。

 数億円ともいわれるNHKへの賠償金ですが、10月23日のNHKの定例会見では、金額は明かさなかったものの、所属事務所が損害賠償を行うことで合意に至ったと発表しました。

 これを小出と事務所どちらが支払うかは「協議中です」と、3ヶ月前に『女性自身』の直撃取材に答えていた小出。復帰時期も事務所に残留できるかもわからないまま、彼の反省の日々は続きます。

狩野英孝 6股疑惑の後に淫行で約4ヶ月間謹慎



 小出と同じく女子高生への淫行で活動自粛に追い込まれたのはお笑い芸人の狩野英孝(35)。『FRIDAY』(1月20日発売号)が第一報を報じ、「記事の通りです」と会見で認めました。

CD/DVD『50TA』(EX RECORDS)

CD/DVD『50TA』(EX RECORDS)

 狩野いわく「SNSを通じて知り合った。22歳だと聞いていた」と言い、恋愛感情を育むなかで野性の勘が働き本当の年齢がわかったそうです。

 淫行騒動前にも加藤紗里(27)らへの6股疑惑で世間を騒がせており、責任を取って長期休業。6月1日付で謹慎処分を解除された後、所属事務所のライブで仕事復帰し、9月7日放送の『アメトーーク!』(テレ朝系)で地上波の出演も解禁となりました。

次のページ 
山瀬まみや、滝クリのいとこ俳優も

1
2




あなたにおすすめ