Job&Money

「時間に余裕がない」「部屋が汚い」は、お金が逃げていく

 それなりに稼ぎもあるし、贅沢してるつもりもない。でも、全然お金が貯まらない……! という人には驚くほど似通った「生活習慣」や「金銭感覚」、「消費哲学」があった(年収500万円~800万円で「貯金100万円以下」という30代男性200人にアンケートを実施)。男女にかかわらず、貯まらない生活から離脱するヒントにしてほしい。

「時間を金で買う」を実践するほど、貯金から遠ざかる



 貯まらない人の特徴は、お金の使い方にとどまらない。むしろ、日々のふとした瞬間に、本質が表れる。

 例えば、時間の使い方。「いつも時間に余裕がない」(76%)、「朝が弱い」(56%)、「遅刻しそうでタクシーに乗ることがよくある」(62%)などなど。

「礼服のクリーニングは、いつも必要になってから気づく。しぶしぶ、特急料金でお願いしている」(38歳・港湾管理)

 時間に追われた結果、割高なサービスを利用することになるようだ。中には「遅刻は当然なので、タクシーなんて使わない」(36歳・IT)という勇者もいたが、より大きな問題が生じてないか。

 ハマりやすさ・飽きっぽさも見て取れる。

「趣味などは形から入るタイプだ」(68%)はよくあることだが、同時に「ハマるものがガラッと変わることがある」(74%)と「三日坊主」(68%)も高得票になったのがつらいところ。

「昨年、マラソングッズを上から下まで、さらにポーチまでそろえた。涼しくなったら頑張りたい」(38歳・食品)

「手作りラーメンに憧れ、大人でも入れそうな巨大寸胴鍋を購入。2回使ったが、今はベランダに鎮座してます。こんなデカい鍋、誰が使うの」(31歳・SE)

 こうしてモノが増えると、「部屋が汚い」(66%)、「冷蔵庫、下駄箱、本棚、クロゼットなどはパンパンだ」(66%)なのも当然か。

 物欲旺盛なのが災いしている様子だが、「モノをあまり大切にしない」も66%と高得票。それも、自分のことだけならいいが、「借りたものはなかなか返さない」(60%)と、信用問題に発展してしまいそう。

「決して返さないつもりはなく、説明書が見つからないので返せないだけ」(32歳・家電メーカー)

 事情は人それぞれらしい……。

※貯まらない人のライフスタイル27項目
⇒【調査結果の詳細】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=82611

ライフスタイル<PHOTO/Serhiy Kobyakov>

― なぜかお金が貯まらない人の共通点【6】 ―




あなたにおすすめ