Gourmet

日本女性のたしなみ、おいしい「日本茶」いれられますか?

 食事時、何気なく口にしている日本茶。急須で淹れるのも面倒だから、ペットボトルで飲む人も多いでしょう。でも、日本茶の種類は実に様々で、美味しい淹れ方も異なります。日本茶の知識を極めて美味しいお茶をじっくりと味わってみませんか。

<Presented by ぐるなび「みんなのごはん」>

お茶の種類によっていれ方が違う



 ひとくちに日本茶と言っても、その種類や産地は様々です。そして同じ種類で同じ産地でも、その年の気候によって風味は変化するほどデリケートです。

 日本で生産されているお茶はほとんどが「緑茶」です。そしてまろやかな旨味のある抹茶や玉露の系統と、渋みと甘味の両方を持つ煎茶や番茶などの系統に分類されます。

日本女性のたしなみ、おいしい「日本茶」いれられますか?

抹茶は茶筅で、玉露は60度くらいのぬるめで



 茶席で用いられたり、スイーツにも使用される抹茶は、摘んだ茶葉を蒸し、冷却、乾燥させてから石臼でひき微粉末状にしたものです。そのために、お茶の優れた成分をまるごと味わうことができます。

 玉露は摘んで蒸した茶葉を揉みながら乾燥させ、丁寧に選定されたものなので、高価ですが、その分独特の甘味や旨味を堪能することができるお茶です。

 抹茶は、茶道の時のように茶杓と抹茶茶碗、茶筅(ちゃせん)で点てて頂きますし、玉露は茶碗に注いだお湯を何度か移し替え、少し冷まして低めの60度くらいの温度がベストです。

 玉露は二杯目も美味しく頂くために、しっかりと急須からお茶を絞りきるようにして下さい。

煎茶は、茶碗に注いだお湯を急須に移して



 煎茶は、太陽の陽射しを避けた畑で育つ抹茶や玉露と異なり、光をたっぷりと浴びて育ったお茶です。茶摘み後、蒸して揉みながら乾燥させ選別します。ビタミンCが一番多いのが特徴で、丁寧に淹れると甘味と渋みの調和がよく、何杯でものめる爽やかな飲み心地になります。

 煎茶は玉露より高めの80度ほどの温度がベスト。一度茶碗に注いだお湯を急須に移すことで、ちょうどよい頃合いになります。

ほうじ茶は、カフェインが苦手な人にオススメ



 摘んだ茶葉を蒸し、揉んで乾燥させてから煎茶になる部分と、より粗い部分に分け、粗いほうを高温の機械で焙じたのが、ほうじ茶です。これで独特の香ばしさが出て、カフェインが飛ぶのでカフェインが苦手な人にも飲めるお茶になります。

 ほうじ茶は、北海道や東北、北陸では「番茶」と呼ぶこともあります。ほうじ茶の場合は、沸騰したお湯をそのまま急須に注いでも大丈夫です。葉のよりが粗いので30秒ほどで旨味がお湯に溶け出します。

番茶、玄米茶は熱々のお湯で



 番茶は、主流の日本茶よりも摘む時期や品質、地域などが外れたお茶のことで、日常的に気軽に飲まれています。番茶の場合もほうじ茶と同じ淹れ方で良いのですが、薬缶に直接いれて煮だす方法もあります。

 夏場はそのまま冷たくして飲んでも美味しいお茶です。

 玄米茶は水に浸してから蒸した玄米を炒り、番茶や煎茶などを同量ブレンドして作られたお茶です。香ばしくてカフェインも少ないので子供から高齢者まで好まれています。

 玄米茶もほうじ茶や番茶と同様、高温で淹れた方が香りが引き立つお茶です。これも冷たくして飲んでも美味しく頂けるお茶です。

 厳密に分けると日本茶には色々な種類がありますが、上記が一般的にお店だけではなく家庭やオフィスなどで日常的に愛飲されている日本茶と言えるでしょう。それぞれの味わいや香りが引き立つ淹れ方の違いを覚え、本来の美味しさを味わってみて下さい。

日本茶を堪能できるお店でその違いを味わってみよう



【一保堂茶舗(東京丸の内店)】
京都に本店を構える老舗の日本茶専門店。日本茶のショッピングはもちろん、自分で淹れることのできる喫茶室、お茶の淹れ方教室など、日本茶を「買う」「楽しむ」「学ぶ」ことができます。
http://r.gnavi.co.jp/czup9dp20000/

<ライター:M.伝蔵/studio woofoo>

※コンテンツ提供:ぐるなび「みんなのごはん」
「みんなのごはん」は、ぐるなびが運営するグルメ情報コンテンツ。ほぼ毎日更新してます。面白いグルメ記事からちょっとためになるグルメ情報まで様々なコンテンツを配信中! http://r.gnavi.co.jp/g-interview/




あなたにおすすめ