♂&♀

挿入時の痛みで悩む女性へ。女医が教える、性交痛が起きるワケとその解決方法

 性行為をするときに痛みを感じていませんか。どんなに丁寧に前戯をしてもらっても、挿入時に痛みがあるという「性交痛」の悩みを持つ女性はとても多いです。 性交痛 ラブリサーチが行った『挿入で痛いと感じることはありますか』というアンケート調査に対して、「はい」と答えた人は71%。「いいえ」と答えた人に比べて2倍以上も多い結果になりました。 =============== 【女性に質問】挿入で「痛い」と感じることはありますか? はい (292) いいえ (118) 回答時期:2016.12.22~2017.01.14| 総回答数:410名 ===============  なぜ挿入時に痛みが発生するのでしょうか。今回は、性交痛についてお話していきます。

性交痛の原因

ベッドで孤独 一言で「性交痛」といっても、原因はさまざまです。病院に行く必要があるものもないものもさまざまなので、原因別にお話していきます。 精神的な問題  特に性交の経験が少ない人に多いです。性行為に対しての恐怖心や緊張感から、腟内がじゅうぶんに濡れていない状態で性交をしてしまって摩擦による痛みを感じてしまうというものです。  また、一度痛みを感じてしまったことから、「また次も痛いんじゃないか」という恐怖心が芽生えて、痛みが続いてしまうというケースもあります。 前戯不足  前戯が不十分で、まだ女性側の腟内が濡れていない状態で挿入を行うと、痛みが発生してしまいます。この場合は、男性とのスキンシップを長くとったり、自分が快感を感じやすい前戯に誘導したりなどで解決できます。 性的な悩み体質  濡れにくい体質によって、挿入の際に痛みを感じてしまう場合があります。  前戯がどんなに十分でも、腟内の分泌液の出方などは個人差があるので、体質によっては痛みを感じやすいという場合もあるのです。ローションなどを使って対処し、少しゆっくり時間をかけて挿入していくのがいいかもしれませんね。 感染症や炎症  性感染症に罹患していたり、腟内でなんらかの炎症が起こっていたりすると、性交痛が発生する場合があります。挿入前からなんとなく痛みや違和感があり、挿入によって増強するといったケースや、発熱などのその他の自覚症状を伴う場合にはこれを疑います。  感染症の中には、性交痛以外に目立った症状がない場合もあるので、おかしいなと思ったらすぐに受診することをすすめます。子宮内膜症や子宮筋腫などの女性疾患がある場合にも性交痛が発生することがあるので、定期的に婦人科健診を受けておくことも大切ですね。 感染症や炎症の痛み

性交痛を感じるときの対処法~自分たちで解決~

 性交痛があるときには、どんな解決法があるでしょうか。  例えば前戯で指などを挿入しているときには特に痛みがなく、ペニスの挿入時にのみ痛みがある場合や、性的興奮を感じていないときに感じる痛みなどの場合は、病気によるものではない可能性が高いです。体質や精神的な問題などによる性交痛は、病院受診の必要は特にはありませんので、二人のラブタイムを見直してみましょう。  もし、前戯が不十分である場合には、パートナーとのスキンシップを増やして、しっかりと前戯の時間をとるようにしましょう。いつもよりも長めにスキンシップをとることで、リラックスでき、緊張がほぐれて濡れやすくなります。  もし、性行為に対しての緊張や恐怖心が強いようなら、相手の男性としっかりとコミュニケーションをとり、挿入までに時間をかけたり、または挿入をせずに前戯だけを楽しむことをしてみたりと工夫してみるのもよいかもしれません。  それでも体質的に濡れにくくて痛みがある場合は、ローションなどを使って、腟内を潤滑にしてペニスを挿入しやすくするとよいでしょう。ローションには様々な種類があり、通販やドラッグストアでも多数売られていたりするので、自分に合ったものを探し出しましょう。

性交痛を感じるときの対処法~病院へ~

WOMAN HEALTH'S 体質などではなく、なんらかの感染症があったり炎症が原因で性交痛がある場合には、自分で勝手な診断をするのではなく、病院を受診して正しい治療を受ける必要があります。  腟の入り口あたりや外陰部に、今まではなかった痛みが出てきた場合は、精神的なものなどではなく、外陰部での炎症が原因かもしれません。カンジダなどによっても痛みが出る場合があるので、このような場合には受診しましょう。  また、腟の奥の方で感じる鈍い痛み(骨盤内の痛み)がある場合は、子宮内膜症や子宮筋腫、場合によっては卵巣腫瘍が原因、なんてこともあります。奥深くで鈍い痛みがあり、挿入のたびに痛みが増強してきたり、痛みが持続するような場合は、一度病院を受診して検査をしてもらうとよいでしょう。

病院での治療法

内服薬 感染症がある場合は、感染症の治療を行います。なんの感染症なのかによって治療法は変わりますが、クラミジアなどの細菌感染によるものであれば抗生剤を処方されます。痛みがひどい場合には、痛み止めなどが処方される場合もあります。  子宮内膜症や子宮筋腫などは、症状の進行度によって治療が変わります。女性ホルモンによっておこる疾患なので、ホルモン分泌を調整するためにピルによる治療が行われることもあります。子宮筋腫も、大きなものになると摘出手術を行うケースもあります。もし卵巣腫瘍が発見された場合は、腫瘍の切除のほか、転移がないかなどをチェックする必要があります。  性交痛と一言で言っても、実は原因も対処法もさまざまです。  なんらかの感染症や内膜症があると思って慌てて病院に行ったら、精神的な理由によるものだったということもありますし、新しいパートナーの前戯不足だと思っていたら、感染症にかかっていたというケースもあります。  濡れていないことによる痛みではなさそうだな、と思ったら、はやめに受診するのがよいかもしれません。 ▼ライター:山下真理子さんプロフィール 女医、タレント 岡山県出身。医師免許取得後は、医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。著書に「夜のお悩み相談クリニック」の他、写真集「診て感じるクリニック」がある。ファッション誌やラジオ番組、バラエティ番組にも数多く出演。 <コンテンツ提供/ラブリサーチ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。
Cxense Recommend widget

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★ローションエッチで感じる!セックスを盛り上げるローションプレイの方法
★性交痛を感じたときは我慢しないで!
★セカンドバージンが心配?久しぶりのセックスで思いっきり楽しむ方法




あなたにおすすめ