Lifestyle

「二分の一成人式」の気持ち悪さ。親を泣かせたがる演出の数々

「親を泣かせる歌とその指導法」

 TOSSの「2分の1成人式及び立志式のホームページ」も見てみよう。「学級のドラマを演出する“技”」欄では、「親を泣かせる歌とその指導法」というストレートなタイトルがある。「この選曲1つで、親を泣かせられるかが左右される。とても大事なことだ」とまで書いてある。 「親を泣かせるベスト3」で挙げられているのは、 「未来へ」(Kiroro) 「世界が1つになるまで」(Ya-Ya-yah) 「ビリーヴ」(杉本竜一)  と、J-POP尽くし。
「Kiroroのうた1 Limited Edition」

「Kiroroのうた1 Limited Edition」/Amazonより

 特にTOSSは、Kiroroの「未来へ」を大プッシュしている。 「全国各地の2分の1成人式でも使われている人気の曲である。歌詞がいいので、スライドショー鑑賞時にかけると保護者の涙を誘う。歌ってもよし。リコーダーで演奏してもよしのイチオシ曲である」(TOSSの「2分の1成人式及び立志式のホームページ」より)  Kiroro好きはかまわないが、なぜそんなに親を泣かせたいのだろう。まるで結婚式だ。  われわれは教育現場の結婚式場化を食い止めなければならない。ストップ・ザ・Kiroro。もっと哀しい瞬間に涙はとっておきたいの。斎藤由貴世代のお母さんからの伝言である。 <参考/堀越英美『不道徳お母さん講座』 編集/森聖児>
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ