Entertainment

閲覧注意…大ヘビを体に巻き付けるマッサージ。その意外な効果とは?

 高級下着ブランドのヴィクトリアズ・シークレットのモデルとして活躍するステラ・マックスウェル。イギリスの男性誌『マキシム』による2016年の”最もホットな女性100人”ランキングでトップに選ばれたこともある人気モデルのステラは、ヨガやキックボクシング、プロテインを摂取するなど、美ボディを保つために地道な健康法を実践していることで知られている。 ※以下、ヘビの苦手な方はご注意ください。  しかし、今回ステラが挑戦したのは、そんな誰もが気軽にできるような健康法とは異なり、普通の人にはかなりハードルが高い「へびマッサージ」。2匹の大へびを体に巻き付けて行われるというそのマッサージ、一体どんなものなのだろうか?
 5日(水)、ニューヨーク在住の女性蛇祭司サーペンテッサが施すこの一風変わった施術を受け、自身の「ワイルドな内なる神秘」に触れて大満足だったというステラ。  へびの一種であるボアコンストリクターを宙に持ち上げ、ニシキヘビが腰に絡みついた写真と、その2匹に絡まれてマッサージテーブルに横たわる写真2枚をインスタグラムに投稿し、「『(動物の)種を超えた愛に絡まって、あなたの内なる神秘に触れてみて。今に集中して。パワーを抱擁し喜びを体現して』だって。サーペンテッサ、素晴らしい体験をありがとう」とキャプションを添えている。  サーペンテッサのウェブサイトによると、1対1のプライベートセッションは、彼女が操るボアコンストリクターをクライアントの体の上に這わせることで、迷走神経の働きが促進され、エンドルフィンとオキシトシンが放出されることで動悸が落ち着き、恐怖心が一掃されるのだという。
サーペンテッサ

女性蛇祭司サーペンテッサの公式ウェブサイト。蛇が巻き付いたプロフィール写真がなんともすごい…
http://serpentessa.com/about-serpentessa/

 サーペンテッサはトリートメントの効果についてこう説明している。 「幸福ホルモンはストレスを取り除き喜びをもたらします。今日のストレスに満ちた世界で心身と認識力を強化します」 「蛇たちは精神のストレスを和らげるだけではなく、こわばっている体の部分への血流を増加させるのです。へびの体の重みが移動することにより、全身のプレッシャーが和らぐのです」  サーペンテッサの公式ウェブサイトを見ると、へびマッサージは紀元前5世紀から行われていた治療法で、古代へび治療がへび祭司によって21世紀にも実践されるようになったとのこと。  日本ではあまり聞くことがないへびマッサージだが、ニューヨークでサーペンテッサが行っている以外にも、実はインドネシアやドイツなどでも一部で行われているそうで、アジアや欧米で意外と知られたセラピーのようだ。ちなみに、インドネシアで行われているへびマッサージには日本人もよく訪れるとのこと。  また、映画『ゴースト/ニューヨークの幻』でアカデミー助演女優賞を受賞した大物女優ウーピー・ゴールドバーグも、この大へびマッサージを受けたことがあるという。  そのウーピーがへびマッサージを紹介しているテレビ番組が、サーペンテッサの公式フェイスブックにアップされている。これを見ると、へびマッサージがどんなものかなんとなく様子がわかるが、へび嫌いの方が視聴する際にはご注意を。  サーペンテッサの公式ウェブサイトによると、へびマッサージの価格は297.00 USD(約3万3370円)~535.00 USD(約6万112円)で、使うへびの数によって価格が変わるようだ。※為替レートは2018年12月10日現在  人気モデルや女優が試していたり、海外で受ける日本人もいたりするへびマッサージだが、医学的な効果や安全性は定かではないので、くれぐれも注意したほうがいいだろう。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ