Entertainment

上戸彩が今年もCM女王に。連ドラ主演3年ナシでも企業に愛される理由

 ドラマ『3年B組金八先生』第6シリーズ(2001~2002年)でブレイクして以降、今日に至るまで芸能界の第一線を走り続けてきた上戸彩さん(33)。テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供するエム・データの調べによると、上戸さんは「2018年TV-CM放送回数ランキング」における女性部門の1位です。しかも、昨年に続く連覇を達成。 (ちなみに2018年2位:綾瀬はるか、3位:渡辺直美)
上戸彩 20・25~in Korea~

初のフォトエッセー集『上戸彩 20・25~in Korea~』(2018年9月、月刊ザテレビジョン編集部)

 また、ニホンモニターが発表した「平成のテレビを彩ったCMキング&クイーン」という調査によると、2004年、2005年、2006年、2009年、2010年、2015年で首位を獲得しており、最多の首位獲得数=平成のCMクイーンとして君臨しています。  キャリアを通じてCMでの活躍が際立つ上戸さんですが、なぜこれほどCM出演が多いのでしょうか?
上戸彩 「TikTok」のCM

「TikTok」のCM『グランピング篇』では上戸彩、小芝風花が共演(リリースより)

連ドラ主演は3年なしでも、CM出演はNo.1の上戸彩

 2018年の上戸さんは、CM以外の出演が控えめでした。出演作品は、単発ドラマ『太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック~』『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』と、ゲスト出演した『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』。  連ドラのレギュラー出演はありません。ちなみに最後の連ドラレギュラー出演は、主演を務めた2015年の『アイムホーム』です。
NHK『太陽を愛したひと~1964あの日のパラリンピック~』

NHK『太陽を愛したひと~1964あの日のパラリンピック~』公式サイト(8月22日放送)https://www.nhk.or.jp/dsp/taiyo/

 デビューした1999年からのキャリアを4期に区切って出演作品を振り返ると、1999年~2003年は9本、2004年から2008年は25本、2009年から2013年は18本、2014年~2018年は10本。2015年に第一子を出産したこともあり、ここ5年は落ち着いたペースです。それに伴い、女優としての活躍度・注目度は、以前と比べると下がったのかもしれません。  なお『日経エンタテイメント!』6月号が発表した2018年「タレントパワーランキング」(タレントの認知度と関心度に基づく調査)では、女優編で11位。同じ85年生まれ組の綾瀬はるかさんや、自身より年下の女優たちより下位となっています。  ですが、先述したように今年の「2018年TV-CM放送回数ランキング」では首位。短期間で制作可能という性質もあってか、CM出演は依然として多いのです。

上戸彩のいる企業イベントは盛り上がる

 上戸さんが多くのCMに出演できる理由の一つには、言うまでもなく、上戸さんの稀有なルックスが挙げられます。先日に開催された「M-1グランプリ2018」の放送中、Yahoo!のリアルタイム検索におけるM-1話題ワードランキングで「上戸彩最強」が挙がっていたのも記憶に新しいです(上戸さんはM-1の司会)。
上戸彩 VOGUE

『VOGUE』2017年7月号で、仏高級ジュエラー「ブシュロン」のタイアップに登場(ムービーも)

 ただ上戸さんは美貌に加えて、他と一線を画す「タレント力」も持ち合わせており、これが大きいと感じます。  筆者はCM発表をはじめとする企業イベントを多数取材していますが、男女を問わず、そうしたイベントに出演した際「自発的に動けない」人がいます。確かに、メディアや企業側の要望に応じてもらえれば、それはそれでいいのですが、上戸さんはそうした人とは異なる対応を見せます。簡単に会話を終わらせず、写真撮影では自発的にポージングを次々と変える。CM発表とは違いますが、何らかのPRイベントで観客がいる場合は「客いじり」をしたり、声援に対して愉快なレスポンスを返すのです。
次のページ 
SNSをやっていない安心感
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ