Entertainment

世紀のドロドロ三角関係。世界的歌姫と元大統領夫人がモテ富豪を取り合い

 オペラファンでなくとも、世紀の歌姫マリア・カラスの名を聞いたことがあるでしょう。これまでも彼女を映画化した作品は何本も発表されましたが、現在公開中のドキュメンタリー映画『私は、マリア・カラス』は、トム・ヴォルフ監督が3年をかけて世界を回り、自叙伝や400通を超える手紙を検証、未発表の映像や録音を駆使してマリアの歌と言葉だけで紡いだ傑作ドキュメンタリー。  今回は、そんなマリアが、“ジャッキー”の愛称で知られる元ジョン・F・ケネディ大統領夫人と一人の男を取り合っていた、という意外な事実について紹介したいと思います。

NYの貧しい移民のマリアと、貴族的なジャッキー

 1923年、マリア・カラスはニューヨーク・クイーンズにギリシャ移民の両親の下に生まれました。母親は子供に興味がなかったのに、マリアの音楽的才能に気づくと、徹底的な音楽教育を施しました。そしてマリアが13歳の頃、母親は父親をニューヨークに残し、マリアとその姉を連れてアテネに戻ります。すべてはマリアをオペラ歌手にするためでした。  母娘3人がやっと暮らしていけるだけの貧しい日々。しまいに母親は、長女を裕福な青年の愛人にすることでマリアの音楽レッスンの費用を捻出するようになります。この頃、父親はアメリカからお金とともに手紙を娘たちに送っていましたが、母親は手紙を娘たちから隠していました。マリアは自分から子供時代、そして姉と父親を奪ったとして、母親を恨むようになりました。
若き日のマリア・カラス

若き日のマリア・カラス/『私は、マリア・カラス』より

 一方、ジャッキーこと、ジャクリーン・リー・ブーヴィエは、1929年にニューヨーク・ロングアイランドの名家に生まれました。女癖と酒癖の悪い夫に嫌気がさした母親は、ジャッキーが11歳の頃に離婚し、実業家と再婚します。母親はジャッキーより美しい妹リーのほうを贔屓。継父に馴染めなかったジャッキーは孤独な幼少時代を過ごします。  大学を卒業し、編集者として働くジャッキーは、同じく名家出身の青年と婚約。そして婚約中、上院議員だったジョン・F・ケネディと知り合います。ケネディ家の家柄はさしてよくはありませんでしたが、大資産家だったことから、ジャッキーの母はジョンのほうを選ぶように勧めたのだとか。ジャッキーも、自分の父親とよく似た、自信たっぷりのハンサムな12歳年上のジョンに魅力を感じていたようです。  同じニューヨークに生まれながらも、正反対の境遇で育ったマリアとジャッキーにはある2つの共通点がありました。それは、父親の不在支配欲の強い母親。2人が常に年上の男性に惹かれてしまったのは、父親的存在への思慕があったのかもしれません。
次のページ 
カリスマ・プレイボーイとの出会い
1
2
3
Cxense Recommend widget
『私は、マリア・カラス』は12/21(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー 配給:ギャガ


あなたにおすすめ