Love

彼氏の借金を肩代わり、モラハラで泣かされても「最高の彼氏です!」そのワケは?

 モラハラやDV、借金癖のある男性と交際している女性。周囲から見ると、一刻も早く別れたほうがよいように思うのだが、本人としては経済面・心理面などいろいろな理由で別れない、または別れたくないという場合があるようで…。
モラハラ、DV

写真はイメージです(以下同じ)

 別れたくても別れられない場合は、公的な経済補助や、心理的なケア、もしくはシェルターのような保護が必要だ。その一方、別れたいと思わない女性は、いったいどのように感じて交際を続けているのだろうか?  彼氏の借金を肩代わりしても、DV癖があると知っていても、モラハラで泣かされても…それでも別れたいと思わないという、不思議な女性の話を聞いてみた。

彼氏の以前の借金を肩代わり

 会社員のSさん(30歳)は、今の彼氏と付き合い始めてもうすぐ2年が経つ。 「猛烈にアタックされて、最初は気乗りしなかったんですけど、なんとなくデートするようになりました。そしたら、映画や音楽の趣味が合って話もすごく面白くて、会うたびにどんどん好きになっていったんです」  交際を始めることになった2人。その時点で、彼氏に借金があることは知っていたという。 借金「お金ないのに、前に付き合ってた人の引っ越し代とか出会い系で会った人の生活費を払ってあげてたそうです。優しいですよね。  私、無職の人としか付き合ったことがなかったから、今の彼氏はちゃんと働いて毎月返済できててえらいなって思いました。借金は、私が立て替えたので今はゼロだし、将来的にも私が稼ぐから気になりません」  ちなみに、Sさんの前の彼氏は東北地方の実家に住む無職の男性で、単発のバイトをするために東京へ来た時だけ会っていたそうだ。「だから、次に付き合う人は絶対に都内在住の正社員がいいなって思ってました」と、Sさんは語る。  しかし、優しい彼氏には意外な過去が。

前に同棲した彼女にDVをはたらいていた

「初めて彼氏の家に行った時、風呂場のドアのガラスがバキバキに割れていたから、『どうしたの?』って聞いたんです。そしたら、『前の彼女がうるさかったから、黙って欲しくて殴ったら割れちゃった』って言われて。『えっ?』ってなって」 DV 周りの友人たちに聞いてみたところ、彼氏はDV気質らしく、前の同棲相手を叩いたり蹴ったりしていたのだという。しかし、Sさんは、 「でも、よくよく聞いたら、DVしても蹴り返されて膝を負傷したらしいし、最終的には彼女の方から殴ってたみたいなんで、それならいいかと思って(笑)。それに、私はDVされたことないので、全然問題ありません」  と、あっけらかんとしている。

自身もモラハラ被害に…

 そんな彼女に「彼氏に直して欲しいところは?」と質問してみた。 「必要以上に男女平等を意識しすぎていて、家事を分担しないと怒るところですかね。私が担当じゃない家事をしていると、『しなくていいから!』と怒鳴られたりします。その後不機嫌になっちゃうので、面倒臭いですね。  あと、ちょっとでも間違ったことを言うと、少なくとも1時間は詰められるので、それも辛いです」  そ、それは、モラハラなのでは…? 「モラハラですよね(笑)。前に、仕事が忙し過ぎて、ちょっとピリピリしちゃう日があって、彼氏に『疲れてて機嫌が悪くて迷惑をかけちゃいそうだから、今日は会わない方がいいかも』と伝えたんです。そしたら、『会うって約束したのに会わないのはおかしい!何でそんなつまんないこと言うんだ!』って怒られました。  だから、『言わなきゃ分からないから伝えた』って言ったら『俺がそんなことも分からないバカだと思ってんのか!』って、また小一時間詰められて、さすがに辛くて泣きました。その時はしんどかったけど、あまりにも理不尽過ぎて、後から面白くなっちゃってどうでもよくなりました」
次のページ 
「世界一の彼氏と一緒にいられて幸せ」!?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ