Fashion

2019年も続く?この1年のファッショントレンド、おやじ系スニーカー、透け素材etc…

 90年代に流行ったお父さん用のダサいスニーカーを思わせる「ダッドスニーカー」や中身が透けて見える「PVCファッション」など、これまでは“ナシ”だったスタイルが急に“アリよりのアリ”になった2018年。
 振り返れば、意外なファッションが次々と話題になった1年でした。  そこで今日は、2018年ファッショントレンドを総ふり返り。2019年にもこのトレンドは続くのか? 日本人には全く理解できない奇抜なスタイルも含めて紹介します。

ダッドスニーカー

 昨年秋ごろからセレブたちがいっせいに履き始めて注目され、今春とうとう日本にまでそのブームが到来した「ダッドスニーカー(欧米ではアグリースニーカーと呼ばれることも)」は2018年ファッションの代表格。
 米国版『ハフィントンポストHuffington Post』も「今年記憶に残るファッション」のトップに挙げ、「2018年はダッドスニーカーをそこら中で見かけるようになった。最新トレンドというわけではないが、このブームが去ることは当分なさそうだ」と紹介。
 ブームのきっかけとなったのはバレンシアガやルイ・ヴィトンなど高級ブランドでしたが、スポーツメーカーのナイキやフィラ、ファストファッションのZARAやH&Mなどでも同様の商品を発売。  そのダサかっこ良さが受けて、日本でも最近ではダッドスニーカーを履く人たちが増えているとか。すでに2019年の春夏コレクションとして、多くのブランドがダッドスニーカーの新作を発表しています。

PVCファッション

 ポリ塩化ビニールを意味する英語Polyvinyl Chlorideの略である「PVC」も、ファッションに敏感な女子にはもうお馴染みの用語になりました。  こちらもパリコレなどで昨秋発表されたファッションで、米国版『ハフィントンポストHuffington Post』の「今年記憶に残るファッション」の一つに挙げられています。  コレクションでは、シャネルやミュウミュウ、バーバリーなど高級ブランドのコートやブーツなどが紹介され、その透け感100%のスタイルが話題に。
 しかし、我々庶民のもとに降り来る頃には、蛍光色を使ったジャケットや透明バッグなど使いやすい形に変化していました。  実際に日本で流行ったPVCバッグは、完全に透明なタイプではなく、ブランドロゴが見えるよう中にもう一層加えたバッグの“重ね着風”商品。オシャレ上級者でなくとも手軽に手が出せそうなバッグが主流でした。
チャオパニックPVC

チャオパニックPVCロゴショルダーバッグ  画像:ZOZO

ぶよぶよUGGブーツ

 一方、日本には未だそのブームが到達していないファッションもいくつか話題になりました。  ぶよぶよした見た目のUGGのムートンブーツは、『ハーパースバザー Harpers Bazaar』が選ぶ「2018年最もクレイジーなファッションアイテム」の一つとして取り上げられました。
 2018年1月、UGGと「Y/プロジェクト(Y/Project)」のコラボ商品としてお披露目された太もも丈のサイハイブーツは、大きくてぶよぶよしたシルエットが印象的。  当時、各ファッション誌が「この醜さこそが今、一番格好いいのだ!」と絶賛。「ダッドスニーカー」を筆頭に“アグリー(醜い)”ものがファッション界を席巻していただけに注目度は高かったのですが……。  周囲を見渡した限りでは、UGGのぶよぶよブーツが流行っている気配はなさそうです。
次のページ 
エクストリーム・カットアウト・ジーンズ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ