Entertainment

泉里香『ワンピース』キャラ完全再現。「再現度に納得した」芸能人ランキング

 求人サイト「Indeed」のイメージキャラクターである俳優の斎藤工、モデルの泉里香らが漫画『ONE PIECE』(集英社)の登場人物に扮したことが大きく話題になりました。
 とくにナミ役を務めた泉里香は、キャラクタービジュアルのボンキュッボンボディを完全再現し、ファンをうならせています。泉だけでなく他のキャスト(ルフィ:斎藤、ゾロ:池内博之、サンジ:窪塚洋介、ウソップ:千鳥・大吾)の再現度も相当なもので、実写化としては異例ともいえるほど好意的に受け入れられました。  そこで女子SPA!では、過去の実写化作品の中でもとくに成功を収めたものを調査すべく、30、40代女性200名にアンケートを実施(※)。栄冠は誰の手に!? ======= マンガ、アニメが実写化された時に「このキャラクターの再現度は納得できる」と感じたのは、どの芸能人ですか? ※複数回答、カッコ内は出演した作品名と役柄。 10位 佐藤健(『るろうに剣心』/緋村剣心) 28.5% 9位 井上真央(『花より男子』/牧野つくし) 29% 8位 松本潤(『花より男子』/道明寺司) 30% 7位 堂本剛(『金田一少年の事件簿』/金田一一) 30.5% 6位 仲間由紀恵(『ごくせん』/山口久美子) 31% 5位 阿部寛(『テルマエロマエ』/ルシウス) 31.5% 4位 藤原竜也(『デスノート』/夜神月) 32% =======  有名作品が実写化になると批判の声は数多いものですが、それを見事打ち消し大ヒットにつなげたのが10位の佐藤でしょう。2012年に映画が公開された時、スクーリーンの中にいたのは動く剣心で、映像化に反対だった人たちも大満足。計3作の興行収入が120億円を突破したことからもそれがうかがえます。
『るろうに剣心 京都大火編 通常版』(アミューズソフトエンタテインメント)

『るろうに剣心 京都大火編 通常版』(アミューズソフトエンタテインメント)

 嵐のブレークのキッカケといわれる2005年ドラマ『花より男子』(TBS系)。ヒロイン役の井上が9位、その相手役の松本が8位となりました。2年後には続編も放送され、今でも根強いファンがいます。小栗旬が演じた花沢類は13位(26%)となっています。  7位はKinKi Kidsの剛。『金田一少年~』は1995年に日テレ系で放送され、最終回の視聴率は29.9%(関東地区)を記録しました。その後、一(はじめ)役はジャニーズの後輩たちに脈々と受け継がれました。
次のページ 
上位は?
1
2




あなたにおすすめ