Love

ロボット婚活に行ってみた。口下手でもロボットが会話してくれる不思議体験

 婚活って面倒くさいですよね。  婚活してる男性のなかには、コミュニケーションが苦手な人が少なくないです。筆者は婚活サイトをいくつか使っていますが、適度な会話のできる人ってほとんどいないです。
ブーケトスシーン

写真はイメージです

 もっとも当たりさわりのない会話は、プロフィールに書いてあることを確認するとか、ちょっと深掘りすることだと思います。プロフィールに書いてあることは公にしているし、アピールポイントでもあるから突っ込んでかまわない内容だからです。  それが意外とできる人がいない!

口下手でも大丈夫?ロボット婚活に行ってみた

 身近な関係でもなく、でもお互いに距離を縮めるための「当たりさわりのない会話」ってめちゃくちゃ難しいんですよね。  知らない人とつながる婚活は、とにかくコミュニケーションが重要です。それが下手な人たちはどうすればいいのか……。  そんな人のために、なんとロボットが喋ってくれるという「ロボットが会話を代行する婚活パーティin竹芝」なるものがあるというではないですか。  婚活当事者に代わってロボットが喋ってくれるって……いやいや、コミュニケーション能力って、結婚したあとこそ大事じゃないですか、そこである程度人となりを見極めるのってとっても重要なんじゃ……?  というわけで、覗いてみました。主催は、ロボットやAI産業の育成に取り組む一般社団法人CiP協議会です。  開催日は2019年2月9日の土曜日。パーティは、ロボット同士の会話だけで終了する1部と、ロボットの会話のあとに本人が会話する2部がありました。1部の参加者は男性8人:女性8人。2部は男性5人:女性7人。
ロボット婚活

写真は主催者提供

 会場では、婚活男女が1対1でテーブルに座っていました。でも婚活パーティなのに、口を開かなくていいんです。謎です。席に着いたはいいものの、喋る必要がないので、なんかお互いもじもじ会釈してます。いいですね、この初々しい感じ。

ロボット同士で盛り上がってる…気分は保護者

 時間になると、テーブルに置かれた「RoBoHoN(ロボホン)」というモバイル型ロボットが、勝手に喋り始めます。 「こんにちは、私は××です。私は××出身で、年齢は××歳です」  本人を目の前にして、甲高い声で自分の自己紹介をしてくれるロボット……。身振りも加えちゃって、なんだか一生懸命です。ついついニヤニヤしながら聞いてしまいます。  このロボットの会話、あらかじめプロフィールカードに入力した内容から、トークをする相手に合わせて会話をセッティングしてあるそうです。 「××さんの趣味はなんですか?」 「私の趣味はテニスをすることです」 「私もテニスです、偶然ですね!」  といったふうに勝手にロボット同士で盛り上がってます。見ている婚活当事者は、ロボットの保護者気分です。  最初は違和感しかなかったロボット婚活パーティですが、実際に体験してみると、意外といい。  まず、自己紹介をいちいちしなくていいのが楽。同じこと何度も違う人に言うのって意外と疲れますもんね。
次のページ 
ロボット、あいづちがうまい!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ