Love

一回お泊りしたら冷たくなる男性…その自分勝手な本音とは?

<みきーるの女子マインド学>  3月。心浮かれる春になりました。お花見やらなんやら、とても楽しいシーズンです。でも、なかにはふと「謎の夜」を思い出して、苦い気持ちになる女子もおられましょう。  今回は、女子を無言にする「謎の夜」について考えていきますよ!  まず、「謎の夜」とは、「何がなんだかわからんけど知人男性と一夜を共にしてしまい、なのに翌日以降完全スルーされる現象」を言います。私が決めました。
一回お泊りしたらそっけなくなる男性に悩む女性

写真はイメージです(以下同じ)

あっちから誘ってきたのに、翌日からスルー

 この、「謎の夜」にまつわるお悩みを、とても多くいただきます。「あれはいったいなんだったのか?」と。例を挙げてみます。 「兼ねてから一緒に仕事していた男性と、打ち上げで意気投合! “じゃあもう少し一緒にいましょう“と誘われ、それなりに楽しく過ごしたのに、そんなことはまるでなかったことにされています。どういうつもりなの?」(ナミさん・37歳) 「同窓会で再会したクラスメートと、流れでお泊まり。これから付き合うことになるのかな? と思ったのに、以後完全スルーされてLINEも来やしません。一体なんなん?」(ユカリさん・29歳)  なんという「謎の夜」っぷり!  男性がどういう気持ちだったのか、気になりますよね。私も、可愛い妹のような皆様を翻弄されたままではたまりません。姐御ヲタとして、そのへんの野郎どもを締め上げ……じゃない、知人男性たちにリサーチし、その言い分をまとめてみましたのでご覧ください。

なかったことにしたい男性たち

 では、ドン! 男性たちの言い分(みきーる調べ) 言い訳をする男性「男の中には、女性を“お泊りできそう、できないリスト”に勝手に振り分けている人がいる。“お泊りできそうリスト”に入っている女性は、その男の好みだったり、少なくとも恋人関係になる前にもっと知りたいと思っている相手。  だから、チャンスがあれば押してみる。でも、一夜過ごして“何か違うな?”と思ったら、関係に名前を付ける前にその夜自体をなかったことにするのではないか?」  とのこと。だいぶきれいにまとめると、こういう感じです。
次のページ 
どう反応するのが正解?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ