Lifestyle

41歳妻と“ほぼED”夫の妊活地獄。「できなかった夜は妻に罵倒されて…」

ぼくたちの離婚 Vol.10 子供さえいれば #1】 「僕は結婚するまで、1度もちゃんと性交できたことがありませんでした。何人かの女性とは付き合いましたが、うまく中で射精できないんです」  言いにくいことなのに、それをサラッと語る野々山達夫さん(仮名、40歳)は、40歳にしてはやや老け顔の佐藤二朗似。小柄で恰幅がよく、ほがらかを絵に描いたような笑顔が眩しい。都内のIT企業で法人向けの営業職に就いているという。 ぼくたちの離婚 Vol.10

共通のマニアックな趣味で意気投合

 そんな野々山さんが、のちに妻となる綾乃さん(仮名、43歳)と出会ったのは5年前。社内懇親会の席だった。同じ会社のカスタマーサービスの部署で、派遣社員として働いていた綾乃さんと近い席になり、特撮やアニメといったマニアックな話で盛り上がったのだ。 「僕が特撮博物館の話をしたら、斜め向かいに座っていた綾乃が異常に反応したんです。それまでおとなしかったのに、急に饒舌になって。彼女、特撮以外にも、『太陽の王子ホルスの大冒険』『どうぶつ宝島』といった1970年前後のアニメーション作品にもやたら詳しかったんです。僕らの間だけで、“円谷英二” “金城哲夫” “東映動画”といった単語が高速で飛び交っていて、周りの人たちはポカーンでしたよ(笑)」
※写真はイメージです

※写真はイメージです(以下同)

 3年ほど前の綾乃さんの写真を見せてもらった。40歳にしては化粧っ気のない、蒼井優を彷彿とさせる和風顔。黒髪は後ろできちんとまとめられ、良くも悪くも突出した個性を感じさせない、おとなしげな風貌である。写真からは饒舌さがあまり伝わってこない。 「僕は大学時代にそっち系のサークルにいて、アニメや特撮界隈は好きなクチだったのですが、女性でこういう趣味の人はなかなか珍しい。聞けば、20代の頃にはシナリオスクールにも通っていたそうです。好きな脚本家の話でも盛り上がりました。それがすごく楽しくて、LINEも交換し、翌月には一緒に映画を観に行く仲になりました」  アニメや特撮の知識は、野々山さんのほうがやや深かったため、「野々山さんがマニアックなうんちくを綾乃さんに教え、綾乃さんがそれに目を輝かせて感心する」という関係性が快適だったという。 「僕は両親の夫婦関係が理想だったんです。父は群馬で高校の教員をやっていて、母とはお見合い結婚。母はずっと教員と結婚したかったそうなので、願ったり叶ったり。家の中のことは母の発言力が強かったんですが、父は多方面に物知りで、教師だけに人にものを教えるのがうまい。母は父のそんなところに頼りがいを感じていました。夫婦のパワーバランスがうまく取れていたんです」
次のページ 
結婚までとんとん拍子に進むも…
1
2
3
4




あなたにおすすめ