Love

パチスロにサルサ教室…意外な場所にも出会いはある

単なる合コンより相手の性格がわかる、ということで、一時期はやった「ゴルフ合コン」や「料理合コン」。でも、そんな“趣味コン”に行かなくても、実は「趣味で出会う」ことはいつでもできる。しかも長続きする確率が大! 男女双方から、出会える趣味の実例を集めてみた。

パチスロで隣に座ったのが縁で同僚と交際→結婚



 ギャンブル嫌いの女性は多いが、中にはギャンブルが恋のキューピッドになったカップルもいる。加藤亜里沙さん(仮名・26歳)は、パチスロ歴8年の筋金入りのスロッター。2年前、たまたまパチンコ店で同僚と隣同士に座ったのが縁で交際が始まったという。

「でも私は事務で彼は現場、それに10歳以上も年上だったので、話をしたのはその日が初めてでした。で、二人とも出なかったので、切り上げてご飯に誘われて。ほとんどパチスロの話でしたね(笑)」

 ジェネレーションギャップも関係なく、熱い演出などパチスロの話で大盛り上がり。その後、男性からすぐに交際の申し込みが。

「前の彼氏が『ギャンブルやめろ! タバコやめろ!』と口やかましかったのに比べると、趣味が同じだと私ものびのびできたんですよね。居心地がいいんです。あと、それまではひとりで打ちに行ってたので、『一緒に楽しめる人ができた』っていうのも嬉しい」

 交際は順調に進み、遂に結婚。幸せそうだが、「オヤジ打ちなのが玉にきず」と、パチスロに関してはご主人も頭が上がらないようだ。

「サルサ教室」は交際に発展する率が高い



サルサ

サルサのこの密着度。そりゃ恋もめばえますわな

 クラブ、多国籍パブ、会員制バー。さまざまな飲食店が混在する夜の六本木。なかでも、異彩を放つのがサルサバーなる業態。週末夜には多数の男女で賑わい、思い思いの相手とラテンダンスに興じる。密着度も高く、凄い出会いが生まれそうにも見えるが……。

「サルサを通じて交際に発展するケースは多いです」とは、留学先のイギリスでサルサの虜になり、帰国後、精力的に練習&サルサバー通いを続ける女性。

「踊っているときは完全に疑似恋愛モード。特に男性のリードが上手だと安心して体をまかせられるし、『この人は普段でも、紳士的に振る舞う人なんだ』って感じで気になります。サルサは人間を映す鏡ですから、2、3時間会話をするよりも、一曲踊るだけで相性もだいたいわかりますよ」

 しかし、初心者には随分とハードルの高い世界のような……。見知らぬ相手と踊るなんて、想像するだけで赤面してしまう。

「もともと陽気なラテン音楽。細かいステップなどの技術よりも、『音楽を楽しみながら踊りたい』って気持ちだけで、相手を酔わせることは可能ですから」

 サルサバーではOPEN前にレッスンを行っているところも多く、当然そこには初心者も多い。まずは一緒に練習できる異性の友達をつくるところから始めてみては。

<PHPTO/Viktoriya Kirillova>
― 「恋がめばえる趣味」最強実例集【5】 ―




あなたにおすすめ