Love

恋人ができやすい趣味は文系?体育会系?

 これまで紹介してきた “趣味で出会った実例”(http://joshi-spa.jp/9135)。女子の視点で、大きく2つに分けると、「趣味の話題で盛り上がるから楽しい」文系型と、「一緒にプレイできるから恋愛モードになる」体育会型に分類される。

カップル成約率が高いのは実践型の趣味系サークル



体育会系 では、具体的に付き合う確率が高いのはどちらなのか? ゴルコン、料理会など最近流行の「趣味コン」を体育会型、共通の趣味の話題で盛り上がる「ネットのオフ会」を文系型に置き換え、参加者の意見をもとに、考察してみた。

 趣味系コミュニティに「参加経験ある」と答えた女子たちのなかで、実際に交際へと発展したのは「文系型 13人中ゼロ」、「体育会型 16人中6人」で、数字だけみれば体育会型の圧勝という結果になった。

「mixiの山登りコミュで知り合った男性と付き合いました。コミュのメンバーと何回か山行きした後、二人で登山グッズの買い物デートをしてるうちに……って感じです」(28歳・販売)

「自転車サークルの男友達とです。河口湖のリレー大会優勝を目標に週3ペースの練習&食事をしていて仲良くなりました」(25歳・事務職)

 一方、会話を楽しむ文系型には辛辣なコメントが目立った。

「芋焼酎の魅力を語る会に参加しました。男の人ってマニアックな知識を覚えようって意欲が凄いじゃないですか。話は面白くて参考になったけど、レベルの高さについていけない感じがしました」(28歳・派遣)

「ミステリー小説オフです。会って話す内容もネットの会話も一緒だから、何回も会う必要がない」(24歳・IT)

 出会いのきっかけは似た者同士だが、一緒に実践できる趣味のほうが“継続して会いやすい”ところが、明暗を分けたようだ。

<TEXT/持丸千乃 宮下浩純 藤井たかの 田幸和歌子 小野田衛 池田達哉(本誌) PHOTO/Mjth アンケート協力/メディアパーク>
― 「恋がめばえる趣味」最強実例集【6】 ―




あなたにおすすめ