Fashion

30代以上のライダースジャケットは「2~3万円前後」がちょうど良い理由

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。そろそろ春服に袖を通す時期ですね。すでに新しい春アウターを購入した方も多いのではないでしょうか。なかでも、春だけでなく秋の時期にも使えるトレンチコート・デニムジャケット・ライダースジャケットは、“アウター3種の神器”と言って過言ではないくらい、使い勝手が良いです。
ライダースジャケット

画像:WEAR

 そこで今回は、その中の「ライダースジャケット」の着こなし方についてご紹介します。オシャレで洗練された印象を与えるには、ライダースジャケットをどのように着こなせば良いのでしょうか

ライダースは2~3万円前後の「ラムレザー」がオススメ!

 ライダースといえば、レザー。レザージャケットといえばライダース…と思われるほどにライダースジャケットは基本的に本革で作られた製品が主流です。もちろん安価なライダースジャケットは本革を使用せずに、合成皮革で作られているので取り入れやすくお手入れも簡単。ただ、アラサー世代からそれより上の世代の大人の女性がライダースジャケットを取り入れるなら、個人的には本革のライダースジャケットを取り入れることをオススメします。  というのも、合成皮革のライダースはどうしても本革に比べると安っぽさが出ます。本革にはあるテリ・ツヤ・滑らかさを合成皮革では表現しづらいのでしょう。天然と合成で見比べると、より一層質の違いを体感できるかと思います。
ラムレザーのライダース

ラムレザーのライダース 画像:WEAR

 オススメするライダースジャケットは、ラムレザー。羊皮は牛皮に比べるととても柔らかく優しい風合いをもたらします。牛皮を使ったレザーアイテムが男らしさの象徴なら、ラムレザーは女性らしさを残したややワイルドなデザインというイメージ。とくにライダースジャケットを初めて取り入れる方はラムレザーがオススメですよ。  価格帯としては2~3万円前後で商品を探すと、失敗しにくい良質なデザインのライダースジャケットに出会える確率が高くなります。それ以上に出せるという方は、どこまでも予算をあげていっても構いませんよ……!

ライダースジャケット・鉄板の着こなし「カラースカート」

 ライダースジャケットはもともと飛行機のライダー用ジャケットをバイク乗り向けに展開した機能性に特化したジャケット。以降イギリスを中心とした、パンクロッカーのシンボルにもなるなど、ファッション性の高いアイテムとして現在までメンズ・レディース共に根強い人気を誇っています。 ライダースジャケット カラースカート 日本でもどちらかといえばこれまでは、ロック好きな女性が好んで着るといったいわゆる“ニッチ”なアイテムでした。しかし数年前から、そのハードなジャケットに甘めのスカートを組み合わせると「そのギャップのある着こなしが、超かわいい」と評価され、今では大人の女性にも支持されるほどの市民権を得ています  なので、まず取り入れるなら試していただきたい着こなしはカラースカート。春らしい甘めのピンク系でも良いですし、グリーンなども相性の良い色合いなのでぜひ取り入れてみてください。定番中の定番のスタイリングではありますが、飽きのこない着こなしな上に流行に左右されにくいため、まず、最初に取り入れてみると良いでしょう。  変化をつけたくなったら、オフホワイト系のレースタイトスカートに切り替えてみて。より上品さが増します。
次のページ 
ライダースって黒じゃないとだめ?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ