Entertainment

西野カナだけじゃない、マネージャーと結婚した女性5人。事務所独立成功、ドロ沼離婚etc

 歌手の西野カナが、30歳の誕生日である3月18日に結婚したことを公式サイトで発表しました。お相手は市川海老蔵似の一般男性。  16年11月に写真週刊誌『フラッシュ』にスクープされたときの肩書きは「マネージャー」。垣根を乗り越えゴールインしたというわけです。
『Love Collection 2 ~mint~』(ソニーミュージックエンタテインメント)

『Love Collection 2 ~mint~』(ソニーミュージックエンタテインメント)

 四六時中一緒にいるためタレントとマネージャーは恋仲に発展しやすいといわれています。事務所としては大事な商品に手を出されたうえに勝手に独立された、なんてことがないためにも数年で担当替えをするという策を打っていますが阻止できない場合も。  そこで今回は、西野のようにマネージャーとの愛を貫いた有名人を紹介しましょう。

宮里藍 ゴルフ場で“恋人同士”の素振りは一切見せず

 女子ゴルフ人気をけん引した元プロゴルファーの宮里藍は昨年6月に結婚。アメリカツアーに本格参戦した06年からマネージャー兼通訳を務めていた4歳上の日本人男性です。
『ありがとう!宮里藍―週刊パーゴルフ特別編集引退記念グラフィティ』(プレジデント社)

『ありがとう!宮里藍―週刊パーゴルフ特別編集引退記念グラフィティ』(プレジデント社)

 交際は約10年におよびますがゴルフ場で“恋人同士”の素振りは一切見せず、公私をしっかりわけるプロ意識の高い二人と周囲の評判も二重丸。お相手の男性についてプロゴルファーの諸見里しのぶは「優しい人で藍さんのことをすごく守っているイメージ」と太鼓判を押しました。  宮里が17年に現役を引退するまで、いいときも悪いときも二人三脚で支え合ってきた二人。なんとも好感度の高い夫婦ですね。

アグネス・チャン 夫が個人事務所の社長を務める

 72年に「ひなげしの花」でデビューし人気アイドルとなったアグネス・チャン。たどたどしい日本語と清純な印象が男性陣の心をわしづかみにし、デビュー翌年にはレコード大賞新人賞を受賞しました。  芸能活動を一時休止し活動再開した86年、マネージャーだった男性と結婚。同年に長男を出産したことで、さらに世間を驚かせました。
『プロポーズ/幸せという字』(日本クラウン)

『プロポーズ/幸せという字』(日本クラウン)

 現在、アグネスは個人事務所を設立していますが、その社長を務めているのが夫。独立に成功したパターンです。

八代亜紀 父親の助言で自分からプロポーズ

 昭和の名歌手である八代亜紀は父の助言に従いマネージャーと結婚しました。17年6月放送の『ボクらの時代』(フジ系)によれば、多忙を極めていた30代、そっと側で見守ってくれていたのが現在の夫だそう。  とくに結婚相手として意識はしていなかったものの、父親が亡くなる前に「そばにいる人といたほうがいいよ」と助言したそうで、それがキッカケとなり八代からプロポーズをしたそうです。
『だいじょうぶ』(ユニバーサルミュージック)

『だいじょうぶ』(ユニバーサルミュージック)

「『お嫁さんになってあげる』と言ってたんですけど、彼はひと月逃げ回っていたの」。結局八代の熱意に負け、晴れてゴールインとなりました。
次のページ 
マネージャー婚するも離婚したのは…
1
2




あなたにおすすめ