Gourmet

ハワイの唐揚げ「モチコチキン」の作り方。カリカリ食感にやみつき~

 こんにちは、ハワイ在住ライターの佐藤まきこです。  ハワイに住む人たちが、子どもから大人まで夢中になって食べているのが、「モチコチキン」。見た目は日本のから揚げのようなのに、外はカリッカリ、中はジューシー。  その秘密は「モチコ」なる材料にありました。家庭でも簡単に楽しめる、ハワイの「モチコチキン」のレシピとその美味しさの秘密に迫ってみます!

ハワイのスーパーにある「モチコ」って何?

ハワイで売ってるもち粉「モチコチキン」の「モチコ」は、漢字で書けば「もち粉」。餅米から作られた粉のことです。「モチコ」はハワイのスーパーならどこでも手に入り、「モチコチキン」はこれを使って作るんです。基本的な作り方は鶏のから揚げとほぼ同じなのですが、片栗粉や小麦粉を使わず、「モチコ」を使っているので、衣のカリカリ食感とお肉のジューシーさを楽しめるんです

モチコチキンはハワイのプレートランチの定番

 ハワイでは、白いごはんとマカロニサラダにメイン料理を組み合わせ、持ち運びできるランチボックスに詰めた「プレートランチ」が人気なのですが、モチコチキンはそのプレートランチの超定番。また、地元の居酒屋のおつまみメニューやスーパーのお惣菜コーナーでも、「唐揚げ」ではなく「モチコチキン」が用意されていることが一般的なんです。

「モチコチキン」の本場レシピ

 では、ハワイの地元スーパー「フードランド」のウェブサイトで紹介されていたレシピを参考に、モチコチキンの作り方をご紹介しましょう。 ハワイのB級グルメ「モチコチキン」のうまうまレシピ【材料(3人前)】 モチコ           大さじ2 コーンスターチ       大さじ2 砂糖            大さじ2 しょうゆ          大さじ1と1/2 ニンニク(みじん切り)   1片 おろししょうが       大さじ1/4 ゴマ            大さじ1/2 ネギ(小口切り)      1/8カップ 塩             大さじ1/4 溶き卵           1個 鶏モモ肉          1ポンド(453g) <作り方> 1. 鶏モモ肉を食べやすい大きさにカットする 2. 鶏モモ肉以外の材料をボウルに入れて漬けダレを作る 3. 2に鶏モモ肉を漬け、冷蔵庫で保存する(5時間または一晩) 4. 3を油で揚げる  揚げたてはもちろん冷めても、味がしっかり染みて美味しいモチコチキン。ピクニックやお弁当などに持っていけば話題になりそうですよ! <文/佐藤まきこ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
佐藤まきこ
女性誌のエディターやファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのエディター・ライターへ。ハワイ在住。Instagram:@hawaii_milestone
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ